このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ドトーの液晶モニターテスト2009第3回

フルHD液晶 今買うならどれがいい?【お買い得24インチ編】

2009年08月13日 20時00分更新

文● 山田 広樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

諭吉3人で英世が5人帰ってくるモデルも!
2万円台で買えるお手頃フルHD

 今回は売れ筋の2~3万円台の24インチ激安モデルを紹介していこう。こちらも前回の高性能モデル同様に価格下落が著しく、昨年は4万円台が中心だったが現在はなんと2万円台が中心。4割近くも価格が下落したという計算になる。フルHD=高価という図式はもはや成り立たず、フルHD=当たり前というのが現在の状況だ。
 紹介する24インチ普及モデルの特徴は、なんと言っても低価格。HDMI搭載かつ解像度が1920×1080ドットのモデルでは、PS3やXbox 360を直結。ゲーム機用ディスプレーにもなるなど使い勝手もいい。

HDMIケーブルでPS3を直結、ゲーム機専用ディスプレーとしても使える。ディスプレー側のHDMI端子こそゲーム機が占有するが、DVI-DやD-Sub15ピンは空いているのでPC接続ももちろん問題ない

 性能的には全機種でTNパネルを採用し、表示色域は基本的にsRGBまでとなるが、ウェブサイトやコンパクトデジカメはsRGBを採用しているため、実用上の問題は少ない(表示しきれない色域の色は、前回登場した“ルックアップテーブル”が近似色を割り当て、表示を行なうのだ)。さらにメーカーも最新技術を投入し、液晶の画質を左右するコントラスト比を独自に高めるなど、ただ単に安いだけではないのにも注目。ただ、斜めから見た時の発色の変化はTNパネルの宿命的な欠点とも言える問題で正直、解決策はない。視野角が気になるユーザーは前回のIPS/VAパネル搭載機を選ぶのがベストだ。

TNパネル搭載機の最大の美点は“安い”ということ。写真はアナログAV入力を3系統備えた“高級機”だが、それでも3万円以下だ
応答速度が速く、動画ボケが少ないのもTNパネルの魅力のひとつ。モデルによっては2ミリ秒と、最新IPSパネルの3倍近く高速なものがある。写真はアイ・オー・データ機器のオーバードライブ機能のイメージ画像。ON時には応答速度2ミリ秒を実現し、動きの速いシーンの残像感や背景のボケを大幅に低減できる
同じ24インチでもIPSパネル(写真左)と、TNパネル(写真右)では、斜めから見た時の明るさや発色に差が出る。この発色の変化がTNパネルの欠点だが、パソコン用途の場合ほぼ正面からディスプレイを見ることになるため、あまり気にならないと言えば気にならない

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中