このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

夏休みをゲーム三昧で過ごすためのPC自作 第3回

大作RPGは画質が命! 美麗な大地を堪能するPCのラインとは?

2009年07月21日 16時00分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最新のゲームベンチでは?

 最新のゲームということで、第1回、第2回と同様にストリートファイターIVの結果を見てみよう。ゲームの設定は、品質設定をすべて「高」、アンチエイリアスおよび垂直同期をOFFにし、フルスクリーンにて測定している。
 PCパーツ構成は3年前のPCと比べて安価だが、パフォーマンスは4倍前後と桁違い。乗り換えるだけの価値は間違いなくある。

ストリートファイターIV

ストリートファイターIV (単位:fps) better→

肝心のRPGではどうなる?

 前頁で紹介したRPG「ラスト レムナント」でも比較してみよう。ラスト レムナントが用意しているベンチマークモードは、フルスクリーンかWindow表示の2つしか選べないが、画面を見る限り、ラスト レムナントインストール時の標準設定(中程度)になっているようだ。
 7900 GSでは1024×768ドットでかろうじて30fpsを記録するが、1920×1200ドットでは11fpsまで落ち込んでしまい、快適なゲームが望めない。一方、HD 4870を搭載したPCでは、1920×1200ドットでも70fpsをオーバーし、快適にプレイ可能だ。

ラスト レムナント

ラスト レムナント(単位:fps) better→

 今回は、AMDの「Dragonプラットフォーム」に準拠する形のPCを作ったわけだが、全体的なパフォーマンスは第2回のPCと大きく変わらない。それでいてコストを安価に抑えることのできる、AMD Dragonプラットフォームは、ゲーマー向けPCを作る上で確実なパフォーマンスを得られる指標の一つと言えるだろう。当然ながら、このPCは、FPSも問題なくプレイでき、DirectX 10にも対応しているため、オールマイティに遊べる仕上がりだ。
 次回は、より安価にオンライン3Dゲームが快適に遊べるPCを紹介する。

【機材協力】

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中