このページの本文へ

機能の割には安い!? Gigabyte製Socket 939対応マザー「GA-K8NS Ultra-939」が登場

2004年10月13日 23時01分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteから、Socket 939対応マザーボードの新製品「GA-K8NS Ultra-939」が登場した。すでに発売中の同社製マザー「GA-K8NSNXP-939」の廉価モデルとなる製品だ。

GA-K8NS Ultra-939 電源周り
Socket 939対応マザーボードの新製品「GA-K8NS Ultra-939」が登場RMモジュール“DPS(Dual Power System)”が搭載されていないのが違い

 6月に発売された上位モデル「GA-K8NSNXP-939」との最大の違いは、大容量の電源供給をより安定したものにするというVRMモジュール“DPS(Dual Power System)”が搭載されていないところ。今回発売された「GA-K8NS Ultra-939」が廉価モデルとはいえ、スペック上の違いはおそらくそれだけと思われ、よって仕様は以下のようになる。
 採用チップセットに1チップ仕様の“nForce3 Ultra”を搭載。拡張スロットの構成がAGP×1、PCI×5、DDR DIMM×4で、オンボードインターフェイスはSilicon Image製チップ“Sil3512”による2ポートと“nForce3 Ultra”2ポートによる計4つのSerial ATAのほか、IEEE1394b、8チャンネルサウンド、10/100Base-Tイーサネットとギガビットイーサネットのデュアルイーサネットというもの。
 また、マニュアル記載のオーバークロック機能としてCPUのFSBが200~300MHzの間で、AGPクロックが66~100MHzの間で設定可能なほか、CPU電圧が0.800~1.700Vの間を0.025V刻みで変更可能としている。価格はOVERTOPで1万5500円、Onenessで1万6300円(15日入荷予定)となるほか、アークにも近日入荷予定がある。

「GA-K8NSNXP-939」 型番
こちらは上位モデルの「GA-K8NSNXP-939」VRMモジュールが搭載されていないだけだが、価格は1万円ほど安いものとなっている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ