このページの本文へ

EPoXからも“nForce3 Ultra”搭載のマザーが登場!

2004年11月18日 23時47分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 EPoXから、Socket 939に対応する“nForce3 Ultra”搭載マザー「EP-9NDA3+」が登場した。“nForce3 Ultra”を搭載する同社製品はこれが初となる。代理店はマスタードシード。

マザー
Socket 939に対応する“nForce3 Ultra”搭載マザー「EP-9NDA3+」

 CPUはAthlon 64とAthlon 64 FXに対応。拡張スロットは、AGP x8×1、PCI×5、DIMM×4で、PC3200(DDR400)DDR SDRAMまでに対応する。チップセットによる4ポートのSerial ATAインターフェイス(RAID対応)と2ポートのIDEインターフェイスを搭載する。そのほかのオンボードデバイスはCicada製“CIS8201”チップによるギガビットイーサネット、Realtek製“ALC85x”チップによる8チャンネルオーディオ、VIA製“VT6307”チップによるIEEE 1394となっている。バックパネル部にコアキシャル/光デジタルのS/PDIF×1、8チャンネルのアナログ出力端子、USB 2.0×4などを搭載。BIOSからの細かなクロックアップも可能で、CPUは200~400MHzの間で1MHzずつ、AGPバスは66~100MHzの間で1MHzずつ調整が可能。また、コア電圧は1.55~1.70V(0.05V刻み)、メモリ電圧は2.5~2.8V(0.1V刻み)、AGP電圧は1.5~1.8V(0.1V刻み)、チップセット電圧は1.60~1.75V(0.05V刻み)で調整可能なため、オーバークロックでの動作を考えているユーザーには魅力的だろう。価格は、ZOA秋葉原本店で1万5540円、高速電脳で1万5540円、アークで1万6480円。

バックパネル
nForce3には珍しく、冷却ファン付きのヒートシンクが搭載されているバックパネル部にコアキシャル/光デジタルのS/PDIF×1、8チャンネルのアナログ出力端子、USB 2.0×4などを搭載
コントローラ クロックアップ
ギガビットイーサーネットのコントローラーはVITESSE製「VSC8201」を搭載する。これはCicada製の“CIS8201”チップと同等品細かなクロックアップが可能なのもEPoX製マザーの特徴
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ