このページの本文へ

外付けディスプレイ「μGURU CLOCK」同梱版のSocket 939/754マザーがAbitから

2004年09月08日 22時47分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “μGURU”用外付けディスプレイ「μGURU CLOCK」を同梱したSocket 939対応マザーボード「AV8-3rd Eye」とSocket 754対応マザーボード「KV8 Pro-3rd Eye」がAbitから登場した。

「AV8-3rd Eye」 型番シール
「μGURU CLOCK」付属版といえるSocket 939対応マザーボード「AV8-3rd Eye」他社製品と比較しても比較的安価。

 「μGURU CLOCK」は、同社独自のハードウェアモニタ/オーバークロックツール“μGURU”用の外付けディスプレイ。今回発売された2モデルは、どちらもすでに発売済みの「AV8」と「KV8 Pro」に、「μGURU CLOCK」を付属させたもので、マザー自体の仕様に変更点はない。
 スペックは「AV8-3rd Eye」が、チップセットに“K8T800 Pro+VT8237”を採用。拡張スロットがAGP×1、PCI×5、DDR DIMM×4となり、Serial ATA RAID(VT8237)、IEEE1394、6チャンネルサウンド、ギガビットイーサネットがオンボード。「KV8 Pro-3rd Eye」もチップセットに“K8T800 Pro+VT8237”を採用。拡張スロットがAGP×1、PCI×5、DDR DIMM×2、Serial ATA RAID(VT8237)、6チャンネルサウンド、ギガビットイーサネットというもの。価格は「AV8-3rd Eye」がOVERTOPで1万4800円、TSUKUMO eX.で1万5780円、「KV8 Pro-3rd Eye」がOVERTOPで1万3420円、TSUKUMO eX.で1万3780円と比較的安価となっている。

μGURU CLOCK 「KV8 Pro-3rd Eye」
「μGURU CLOCK」は、同社独自のハードウェアモニタ/オーバークロックツール“μGURU”用の外付けディスプレイこちらはSocket 754対応マザーボード「KV8 Pro-3rd Eye」
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ