このページの本文へ

売り切れショップも!新コア搭載の最上位モデル「Athlon 64-3500+」の販売が開始!

2004年10月23日 20時42分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨日22日から一斉に販売が始まったSocket 939版Athlon 64の新モデル。「Athlon 64-3000+(1.8GHz/L2 512KB)」、「Athlon 64-3200+(2.0GHz/L2 512KB)」に続き、今日は「Athlon 64-3500+(2.2GHz/L2 512KB)」がデビューしている。

“90nm” OPN
パッケージ正面に大きく“90nm”と記載されたシールが貼ってある「Athlon 64-3500+(2.2GHz/L2 512KB)」OPNは“ADA3500DIK4BI”

 「Athlon 64-3500+」は、製造プロセス90nmを採用する“Winchester”コアの最上位モデル。Socket 939版Athlon 64では、来週にも発売が予定されている「Athlon 64-4000+(2.4GHz/L2 1MB)」というモデルがあるが、こちらは0.13μmプロセスとなる。
 その他、クロック周波数が上げられている以外の仕様は「Athlon 64-3000+」や「Athlon 64-3200+」と同じで、OPNは“ADA3500DIK4BI”。また、本日流通したCFD販売株式会社取り扱いの「Athlon 64-3500+」にはパッケージ正面に大きく“90nm”と記載されたシールが貼ってあり、同一モデルナンバーの製品と間違わないような配慮がなされている。これは、下位モデルとなる「Athlon 64-3000+」や「Athlon 64-3200+」も同様に貼られており、購入の際にはよい目印となりそうだ。
 価格および販売ショップは以下の通り。早くも売り切れ続出といったところだが、これは「Athlon 64-3500+」に限った話ではなく、昨日発売の2モデルも似たような状況。新型Athlon 64は、予想通り好調なスタートとなっている。

パッケージ 売り切れ続出
下位モデルとなる「Athlon 64-3000+」や「Athlon 64-3200+」も“90nm”と記載されたシールが貼ってあり、購入の際にはよい目印となりそうだ早くも売り切れ続出といったところ。新型Athlon 64は、予想通り好調なスタートとなっている
価格 ショップ
AMD
「Athlon 64-3500+」(90nm/2.2GHz/L2 512KB)
\34,440(完売) USER'S SIDE本店
\34,800(完売) アーク
\35,000(完売) OVERTOP
\35,900 TSUKUMO eX.
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ