このページの本文へ

16倍速対応!DVD+R DL書き込みにも対応したBenQ製ドライブが1万780円!

2004年07月24日 22時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
最速 パッケージ
最速のDVD+R書き込み16倍速に対応する販売しているOVERTOPでは価格1万780円と比較的安価だ

 DVD+R書き込み16倍速に対応するBenQ製記録型DVDドライブ「DW1600」が登場している。DVD+R書き込みでは最速となる製品ながら、販売しているOVERTOPでは価格1万780円と安価だ。



スペック シール
「DW1600」本来のスペックはDVD+R書き込み16倍速やDVD+R DL書き込み2.4倍速といったところが特徴となるが…もうじき公開予定のファームウェアを使用すればDVD-R8倍書き込み、DVD-RW4倍速書き込みもサポートする

 この製品の特徴は、DVD+R書き込み16倍速だけではない。最新のDVD+R DL書き込みにも対応しており、記録速度は2.4倍速。その他仕様はDVD+RWが4倍速、CD-Rが40倍速、CD-RWが24倍速、DVDが16倍速というもので、バッファ容量は2MB。さらにパッケージに貼られたシールによると、ファームウェアのアップグレードを行うことにより、DVD-R8倍書き込み、DVD-RW4倍速書き込みをサポートするとしており、将来的にはDVD+R DL書き込みにも対応したDVD±RWドライブへと進化させることも可能であるようだ。なお、同社ウェブサイトによるとファームウェアのウェブダウンロード開始時期は、2004年7月後半を予定しているとのこと。
 付属のソフトは、「Sonic Recorder Now」「WinCreator ver2.0」「WinDVD」のほか、オリジナルユーティリティソフトとしてライティングソフト「QVideo 2.0 ver5.2」、「Book type Management ver7.0」が付く。ちなみに、この「Book type Management ver7.0」は、DVD+RメディアをDVD-ROMフォーマットに変換するいわゆる“ROM化”をサポートしたものだ。まだまだ流通量は少ないが、人気のドライブとなりそうだ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ