このページの本文へ

プレクスターも16倍速へ!「PX-716A/JP」予約開始!DVD-R DLにも対応予定

2004年09月28日 23時26分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プレクスター製16倍速記録型DVDドライブ「PX-716A/JP」の予約受付がTSUKUMO eX.で始まった。DVD-RとDVD+R両方の16倍速書き込み、DVD+R DLの4倍速書き込みに対応し、DVD-R DL書き込みにも後日ファームウェアのアップデートにより対応する。

「PX-716A/JP」予約開始
予約がはじまったプレクスター製16倍速記録型DVDドライブ「PX-716A/JP」。発売は11月中旬予定

 スペックは、DVD+R DL書き込み最大4倍速、DVD+R書き込み最大16倍速、DVD+RW書き換え最大8倍速、DVD-R書き込み最大16倍速、DVD-RW書き換え最大4倍速、CD-R書き込み最大48倍速、CD-RW書き換え最大24倍速、DVD-ROM読み出し最大16倍速、CD-ROM読み出し最大48倍速、バッファ容量8MB。前述したDVD-R DL書き込みと同様、DVD+RWの8倍速書き込みもファームウェアのアップデートによる対応となる。
 同社製ドライブではすでにお馴染みとなった、“PoweRec(メディアに応じ最適な記録速度をドライブが自動選択する)”に加え、“AUTOSTRATEGY(メディアの特性をドライブが自動で学習し本体のフラッシュメモリに登録する)”のほか、ディスク面の傾きを検知してより正確な箇所へレーザー照射を行う“Intelligent Tilt”からなる“Intelligent Recording”機能を搭載する。

「PX-716A/JP」本体
「PX-716A/JP」本体。標準のホワイトベゼルに加えブラックベゼルも同梱される

 本体奥行きは170mmと「PX-712A」に比べ約2cm短縮されているほか、標準のホワイトベゼルに加えブラックベゼルも同梱。同梱ソフトはDVDオーサリングソフト「WinDVD Creator2」、ライティングソフト「Drag'n Drop CD+DVD4」、ソフトウェアDVDプレーヤ「PowerDVD 5」、そしてユーティリティソフト「Plextools Professional」。このうち「Plextools Professional」には、DVD±Rメディアの書き込み品質を確認することができる“Q-Check TA Test”機能を新たに搭載。28日現在TSUKUMO eX.での予価は未定だが、販売開始は11月中旬が予定されている。

※同梱のDVDオーサリングソフトを「WinDVD Creator2」と記載しましたがこれは誤りで、実際に同梱されるのは「PowerProducer2Gold」となります。お詫びして訂正いたします。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ