このページの本文へ

殻付きRAM対応のPanasonic製記録型DVDドライブにバルク版!

2004年10月06日 20時17分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Panasonic伝統の、DVD-RAMカートリッジ対応記録型DVDドライブ。現在の最新モデルは今年7月に発売された「LF-M721JD」となるが、そのバルク版「SW-9573-C」が発売となった。なお、アイ・オー・データ機器製「DVR-ABM8C」プレクスター製「PX-605A/JP」に採用されているドライブでもある。

「SW-9573-C」
Panasonic製DVD-RAMカートリッジ対応記録型DVDドライブ「SW-9573-C」

 スペックは、DVD-RAM書き込み最大5倍速、DVD+R書き込み最大8倍速、DVD+RW書き換え最大4倍速、DVD-R書き込み最大8倍速、DVD-RW書き換え最大4倍速、CD-R書き込み最大24倍速、CD-RW書き換え最大16倍速、DVD-ROM読み出し最大12倍速、CD-ROM読み出し最大32倍速、DVD+R DL読み出し最大8倍速、バッファ容量2MB。バルク版ということでソフトは一切付属せず、DVD-RAMドライバのみが付く。価格はクレバリー1号店で1万3618円、TSUKUMO eX.で1万3780円。「LF-M721JD」をはじめとするリテール版は1万7000円台~1万8000円台となっており、価格差は4000円~5000円となる。

本体 フロントベゼル
アイ・オー・データ機器製「DVR-ABM8C」、プレクスター製「PX-605A/JP」に採用されているドライブでもあるフロントベゼルのデザインはリテール版から変わらず
ラベル DVD-RAMドライバ
本体のラベル。純正リテール版「LF-M721JD」には貼られていなかったものだバルク版ということでソフトは一切付属せず、DVD-RAMドライバのみ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ