このページの本文へ

サンシャインシティでガンダムEXPO東京2008開催

ガンダムマニアのためのガンダムだけの祭典始まる!!(前編)

2008年08月12日 22時54分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ここからがシャアゾーンをご紹介。ファーストガンダムにおけるシャアのプロフィールを呼んだ後に目に入ってくるのは、1/1スケールのシャアザクのヘッドパーツ。このサイズのモノアイと目があってしまうと、なんでもないのにビクッとしてしまうのは刷り込みによるものだろうか?

ここからはシャアゾーンをご紹介。ファーストガンダムにおけるシャアのプロフィールを読んだ後に目に入ってくるのは、1/1スケールのシャアザクのヘッドパーツ。このサイズのモノアイと目があってしまうと、なんでもないのにビクッとしてしまうのは刷り込みによるものだろうか?

こちらは、1/1ではなく、MGシリーズのシャアザク。正式には「MS-06S ザクII」で、Sは指揮官用にカスタマイズされたモデルを示している。同イベントではMGシリーズなどのガンプラの組み上げ品が多数展示されているので、モデラーも参加する価値大

続いての登場は、ジャブロー戦役で活躍した「MSM-07S シャア専用ズゴック」

特徴的なビームナギナタを構え、背中に木の葉型のシールドを背負っているのは「YMS-14 先行量産型ゲルググ」。シャアが搭乗したゲルググは量産の前に先行して生産された25機のうちの1機とのことだ

ファーストガンダムでシャアが最後に搭乗したのが、完成率80%ながら性能は100%と整備兵が豪語したニュータイプ専用の「MSN-02 ジオング」。やっぱりこの顔は何度見ても不気味だ!

もちろん、ファーストガンダムの主人公アムロ・レイのプロフィールも展示されている。プロフィールでは、作中の名シーンやキャラクターに影響を与えた登場キャラが描かれている

もちろん、ファーストガンダムの主人公アムロ・レイのプロフィールも展示されている。プロフィールでは、作中の名シーンやキャラクターに影響を与えた登場キャラが描かれている

ファーストガンダムでは、アムロはガンタンクやガンキャノンにも搭乗しているのだが、やはりアムロと言えば「RX-78 ガンダム」だ。展示されていたのは先日発売されたばかりのMGシリーズ「RX-78-2 ガンダム Ver.2.0」

アムロとシャアが登場していたMSの次は、同じ宇宙世紀0079前後の世界を舞台にした作品を紹介するパネル展示。もちろん、ファーストガンダムのテレビ版、劇場版の全4作品が紹介されていた

アムロとシャアが搭乗していたMSの次は、同じ宇宙世紀0079前後の世界を舞台にした作品を紹介するパネル展示。もちろん、ファーストガンダムのテレビ版、劇場版の全4作品が紹介されていた

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ