このページの本文へ

山谷剛史の「中国IT小話」 第28回

レノボ新ノートIdeaPad 中国人はどう見ている?

ThinkPadの兄弟分? レノボ新ノートの評判を聞く

2008年06月13日 16時00分更新

文● 山谷剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本国中国の電脳街でIdeaPadを探す


 中国の大都市ならどこにでもある電脳街。その店は多くがメーカーの代理店で、店内では特定のメーカーの製品しか販売していない。つまり、レノボ専門店、ソニー専門店といったメーカー専門店ばかりが並んでいるのだ。

旧レノボ系ショップ

旧レノボ系ショップ。ここではThinkシリーズは売られていない

ThinkPad系ショップ

ThinkPad系ショップ

 昔はIBM専門店もあった関係で、Thinkシリーズを専門に販売するショップが、IBM パソコン部門買収以前から存在するレノボショップとは別に存在する。つまり現レノボパソコン販売店は2種類存在し、レノボ販売店ではThinkシリーズは扱われないし、その逆もしかりなのだ。

 では、Ideaシリーズはどちらの代理店で扱っているのか。答えは旧来のレノボショップだ。するとIdeaPadやIdeaCenterは、旧IBMのメンバーが作ったのではなく、旧レノボのメンバーが作ったのでは、と疑問が浮かぶ。レノボに問い合わせてみたところ、「日本の大和事業所は直接的な製品開発での関わりはない」とのこと。

旧レノボのラインアップにThinkPadはないがIdeaPadはある

旧レノボのラインアップにThinkPadはないがIdeaPadはある

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン