このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

山谷剛史の「中国IT小話」 第28回

レノボ新ノートIdeaPad 中国人はどう見ている?

ThinkPadの兄弟分? レノボ新ノートの評判を聞く

2008年06月13日 16時00分更新

文● 山谷剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ユーザーの評判は辛口が多い


 中国のIdeaPadを購入した人の交流のスレッドを見てみると、安価なIdeaPad Yを購入する人が多いようだ。実売価格は、一番安いモデルでも、一般的な都市住民の平均月収の3倍以上もするもの。買った人のコメントも利点ばかりを書くかと思いきや、辛口意見も結構ある

 その多くは、IdeaPad Yはサウンド再生に力を入れていて、5.1chスピーカーを再現しているにのもかかわらず「音割れがひどい」「かなり熱くなる」。U110に関しては「キーボードは使いやすいが、指紋が付く」。そして初期不良のため交換したというコメントも結構あった。賛否の書き込み以外で興味深いものとして、Windows XPへのダウングレードに関する書き込みも多くあった。

IdeaPadの巨大看板を前に記念写真をする人

IdeaPadの巨大看板を前に記念写真をする人

 購入者は辛口評価が多かったが、Ideaシリーズは、レノボがIBMのパソコン部門買収後に初めて一から開発した新シリーズとあって、「中国加油!(中国がんばれ)」系の書き込みも多かった。

 その一方で、ポータルサイト「QQ」ではIdeaPadについての2つのアンケートを行っている。

IdeaPadという名称は好き?
・なんともいえない。クオリティを見てから――1584票(42.51%)
・好き――1386票(37.20%)
・良くない――56票(20.29%)
IdeaPadのどんなことに興味ある?
・性能などに特徴があるのか――1519票(40.77%)
・ThinkPadの品質があるのか――1372票(36.82%)
・価格。当然安いに越したことはない――618票(16.59%)
・エンタメパソコンとして性能はよいのか――217票(5.82%)

 以上の結果を見る限り、手放しで「レノボの新シリーズには頑張ってほしい」ところだけど、「クオリティは良くない」という冷静な意見が多いようだ。


山谷剛史(やまやたけし)

著者近影

著者近影

フリーランスライター。中国などアジア地域を中心とした海外IT事情に強い。統計に頼らず現地人の目線で取材する手法で,一般ユーザーにもわかりやすいルポが好評。当サイト内で、ブログ「中国リアルIT事情」(http://blogmag.ascii.jp/china/)も絶賛更新中


前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン