このページの本文へ

レノボはエントリーノートでも顔ログイン!

2009年04月24日 06時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンのノートPCには、機能やスペックの高い「ThinkPad」シリーズと、Atomプロセッサー搭載のNetbook「IdeaPad」シリーズ、ならびに低価格モデルの「Lenovo 3000シリーズ」に分類される。

Lenovo 530の製品情報サイト

Lenovo 530の製品情報サイト

 4月23日に発表された「Lenovo G530」は、Celeron搭載の下位モデルなら実売4万円台からというさらなる低価格化を実現した、Lenovo 3000シリーズに代わるエントリーモデルだ。

 G530はビジネスユーザー向けの低価格機で、カラフルなバリエーションをラインナップする「IdeaPad Sシリーズ」(関連記事)とは対照的に、つや消しブラック1色で、ThinkPadシリーズを彷彿とさせる本体カラーを採用する。

 低価格機といっても内蔵カメラと顔認識技術「VeriFace」を搭載するのは同社らしいこだわりだ。IDやパスワードを入力することなく、カメラの前に顔を向けるだけでログインや会員制サイトへのアクセスが可能となる(指紋センサーは非搭載)。さらに、この機能はカメラが動作中は顔を自動認識するため、不在時にログインしようとした人を記録(撮影)したり、動画メッセージを残すといった使い方も可能という。

 CPUは上位モデルがCore 2 Duo P8400(2.26GHz)、中位モデルはCeleron T1600(1.66GHz)、下位モデルが同 900(2.2GHz)。メモリーは中上位モデルが3GB、下位モデルでも2GBを標準搭載し、最大4GBまで搭載可能。HDDは中上位モデルが250GB、下位モデルは160GBを内蔵する。

 OSはWindows Home Business SP1(上位モデルおよび下位モデル)、またはVista Home Premium SP1(中位モデル)で、上位モデルのみWindows XP Professional SP3にダウングレード対応。本体サイズと重量は、幅358.5×奥行き256.5×高さ37mm/2.75kg。バッテリー駆動時間は未公表(計測中)。4月28日から販売開始される。


カテゴリートップへ