このページの本文へ

「ITエンジニアこそヒーロー」――マイクロソフト、新製品ローンチイベント開催

2008年04月15日 23時00分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフトは4月15日にWindows Servre 2008、Windows SQL Server 2008、Microsoft Visual Studio 2008 の3製品の発表イベントを行なった。


対応サービスが充実した新製品の門出


 マイクロソフトは、4月15日に開催した「the Microsoft Conference 2008 」にて、「Windows Server 2008」「SQL Server 2008」「Visual Studio 2008」の3製品の発表を行なった。

 基調講演において、今回の「ローンチイベントは単なる製品ローンチではなく、“インダスリー・ローンチ”とでも言うべきものだ」とマイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏は述べた。同社は今回のローンチイベントまでにパートナー企業との積極的な取り組みを推進しており、ハードウェアやアプリケーション、SIサービスに関して「いままでの新製品発表時と比べ物にならないくらい、製品に付帯するパートナーの準備が整っている」(樋口氏)からだ。

マイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏

マイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏

マイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏

 今回の発表によると、Windows server 2008がすでにプリインストールされているハードウェア製品はNECや東芝などから夏までに110機種以上提供され、そのうち9割以上のモデルで仮想化機能「Hyper-V」が使用できる。さらに、対応アプリケーションはWindows Server 2008、SQL Server2008、Visual Studio2008の3製品で500種類以上が提供可能となっており、SIサービスを行なう企業は38社を超える。

 また、Windows server 2008の認定資格取得技術者数がすでに700名以上誕生しており、3製品の技術トレーニングを受講したエンジニアは「2万名以上に上る」とマイクロソフトは発表した。

 4月1日に新社長に就任した樋口氏は、マイクロソフトがより日本で信頼され、必要とされる企業になるためにはITエンジニアに支持されることが必要不可欠と発表している。今回のカンファレンステーマは「HEROES happen {here} ~ヒーローは{ここ}にいる」というもので、樋口氏は「現場のITエンジニアこそが、企業のビジネス環境を支えるヒーロー」と述べており、ITエンジニアに対する継続的な支援を行なっていくことを強調した。

 なお、唯一未発売のSQL Server2008は「2008年の第3四半期(7~9月)のリリースを予定している」と樋口氏は述べたものの、詳細は明らかにされなかった。

マイクロソフトが情報提供サイトを開始

マイクロソフトは本日発表されたWindows Server 2008、SQL Server2008、Visual Studio2008の3製品の新機能を提供するポータルサイト「HEROES happen {here} ポータルサイト」並びに、今回のカンファレンスの内容をWeb上で体験できる「Virtual Launch Experience」を開始した。

カテゴリートップへ

ピックアップ