このページの本文へ

「人間味が感じられる企業に変革する」――マイクロソフト、新社長に樋口氏就任が決定

2008年02月28日 15時25分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフトは、2月28日、現COOの樋口泰行氏が4月1日から新社長に就任すると発表した。ダレン・ヒューストン現社長は退任し、米マイクロソフト本社に復帰する。


顧客のためにより機動力のある組織づくりを行なっていく


 日本ヒューレット・パッカードやダイエーで代表取締役社長を務め、2007年3月にマイクロソフト 代表執行役 兼 COOに就任した樋口泰行氏が、同社の代表執行役社長に就任した。樋口氏は4月以降、現在担当しているエンタープライズやプラットフォーム事業を手がける「デジタルワークススタイル」だけでなく、現社長のダレン・ヒューストン氏が担当しているコンシューマやホーム&エンターテインメント製品を含む「デジタルライフスタイル」分野もあわせて統括する。

4月1日からマイクロソフト株式会社の新社長に就任する樋口泰行氏

4月1日からマイクロソフト株式会社の新社長に就任する樋口泰行氏

4月1日からマイクロソフト株式会社の新社長に就任する樋口泰行氏

 マイクロソフト インターナショナル担当プレジデントの ジャンフィリップ・クルトワ氏は樋口氏を日本市場のリーダーに選んだ理由を「誰もがITの恩恵を享受できる社会の実現」を目指す「PLAN-Jをさらに推進するため」と述べる。「日本市場はマイクロソフトにとって非常に重要なマーケット。今後、ヒューストン氏がスタートさせたPLAN-Jを次のステージに高めることができる最高のリーダーとして樋口氏を選んだ」(クルトワ氏)

 樋口氏は今回の社長就任にあたって、今後の課題を「日本市場での信頼性の向上」と「顧客志向」を挙げる。樋口氏は「マイクロソフトは顔が見えにくい企業と言われているが、日本社会全体から信頼され、尊敬される会社になることがPLAN-Jの目的。そのためにも、お客様やパートナー様のためにすぐに行動を起こす俊敏な企業文化づくりを行ないたい」と今後の抱負を述べた。

 なお、ヒューストン氏は4月以降、マイクロソフト コーポレーションに復帰し、コーポレートバイスプレジデントとして コンシューマー&オンライン インターナショナルグループを率いる予定。樋口氏のマイクロソフト コーポレーションにおける役職は決まっていない。

左からマイクロソフト株式会社 代表執行役 社長 ダレン・ヒューストン氏、樋口氏、マイクロソフト インターナショナル担当プレジデントの ジャンフィリップ・クルトワ氏

左からマイクロソフト株式会社 代表執行役 社長 ダレン・ヒューストン氏、樋口氏、マイクロソフト インターナショナル担当プレジデントの ジャンフィリップ・クルトワ氏

左からマイクロソフト株式会社 代表執行役 社長 ダレン・ヒューストン氏、樋口氏、マイクロソフト インターナショナル担当プレジデントの ジャンフィリップ・クルトワ氏

カテゴリートップへ

ピックアップ