このページの本文へ

新着記事

Slack Workstyle Innovation Day Onlineレポート第2弾

SOMPOシステムイノベーションズが実践する“大企業的ビジネス作法”から脱却する方法

オンラインで開催された「Slack Workstyle Innovation Day Online」で、SOMPOシステムイノベーションズの内山修一代表取締役社長が、2019年にslackを導入した経緯を講演した。

内容を読む

SOMPOシステムイノベーションズが実践する“大企業的ビジネス作法”から脱却する方法

「生産品質」「改善事例」から「雑談」まで、多数のチャンネルを活用して情報共有を促す

旭鉄工が語る、製造業のカイゼン現場におけるSlackの活用方法

Slackが開催した「Slack Workstyle Innovation Day Online」において、愛知県に本社を構える中堅自動車部品会社、旭鉄工の社長を務める木村哲也氏が講演を行った。IoT活用で生産性向上を実現してきた同社では、カイゼン活動の成果を高めるための情報共有や従業員向けe-LearningにSlackを活用しているという。

内容を読む

旭鉄工が語る、製造業のカイゼン現場におけるSlackの活用方法

記事一覧

チャット画面上に写真や文書を送るだけでプリント

Slackアプリがエプソンのプリントサービスと連携、チャット画面からの印刷に対応

エプソンがSlackと連携したプリントサービスを提供開始。チャット画面上の写真や文書を、データをダウンロードしなくてもプリントできる。

2020年06月30日 16時00分

Slackアプリがエプソンのプリントサービスと連携、チャット画面からの印刷に対応

Slack Workstyle Innovation Day Online講演レポート

ニューノーマルは「ノーノーマル」 山口周氏が語ったコロナ後の働き方

2020年6月24日に開催された「Slack Workstyle Innovation Day Online」で、独立研究家、著作家、パブリックスピーカーの山口周氏がゲストとしてビデオ講演した。山口氏は“コロナの後で起こる9つの働き方の変化”というテーマで話した。

2020年06月30日 12時00分

ニューノーマルは「ノーノーマル」 山口周氏が語ったコロナ後の働き方

チャンネルやグループDMの画面からすぐに会話をスタート、画面共有も可能

「Slackコール」を使いテレワークで音声通話/ビデオ会議をする

Slackを使い倒して業務効率をアップさせるための入門記事連載の第8回。今回は、Slack上でやり取りしているメンバーとすぐに音声通話やビデオ会議を始められる「Slackコール」機能の紹介だ。

2020年06月30日 08時00分

「Slackコール」を使いテレワークで音声通話/ビデオ会議をする

1チャンネルに最大20社が参加しコラボレーションできる新機能が登場、メールからの解放を狙う

SlackのCEOに聞いた、新発表「Slackコネクト」の狙いと意義

米Slack Technologiesが新機能「Slackコネクト」を発表した。取引先やパートナー、グループ会社など最大20の企業/組織間でSlackチャンネルを共有できる共有チャンネル機能。セキュリティ、コンプライアンス機能も提供される。同社CEOのスチュワート・バターフィールド氏に開発の狙いや提供する意義などを聞いた。

2020年06月26日 07時00分

SlackのCEOに聞いた、新発表「Slackコネクト」の狙いと意義

意思決定のスピード化に加え、「イケてる大学」のブランディングにも貢献

広報目線のイメージ戦略でSlack導入を進めた近畿大学

2020年5月14日、Slack Japanは教育機関にフォーカスしたオンラインセミナーを開催した。冒頭の慶應義塾大学に続いて登壇したのは、近畿大学 経営戦略本部長の世耕石弘氏。近畿大学のブランディング改革を進めてきた世耕氏から見たSlack導入は、広報マン目線のイメージ戦略と直結していた。

2020年06月17日 10時00分

広報目線のイメージ戦略でSlack導入を進めた近畿大学

Slack、働き方改革をテーマとしたオンラインイベント「Slack Workstyle Innovation Day Online」

Slackは6月24日に働き方改革をテーマとしたオンラインイベント「Slack Workstyle Innovation Day Online」を開催する。

2020年06月10日 12時30分

Slack、働き方改革をテーマとしたオンラインイベント「Slack Workstyle Innovation Day Online」

「AWS Chatbot」のSlack Appを提供開始、チャット形式でAWSリソース管理を迅速化

AWSとSlackが戦略提携、“ChatOps”促進やSlackコール基盤強化など図る

Amazon Web Services(AWS)とSlack Technologiesが、複数年にわたる戦略パートナーシップを発表した。Slackと「AWS Chatbot」「AWS Appflow」の連携、Slackコール機能のAWS Chimeインフラへの移管と機能強化などの取り組みを進める。またAWSがSlackを全社導入したことも明らかにした。

2020年06月05日 12時45分

AWSとSlackが戦略提携、“ChatOps”促進やSlackコール基盤強化など図る

チームコラボレーションを効率化する絵文字活用の方法、カスタム絵文字の作り方も

チャットともSNSとも少し違う、Slackでの「絵文字」の役割

Slackを使い倒して業務効率をアップさせるための入門記事連載第7回。今回は「絵文字」だ。Slackでは標準でおよそ1500種類の絵文字が用意されているが、これは単に「テキストでは伝わりにくいニュアンスを伝える」ためだけのものではない。コミュニケーション効率を上げるための使いこなしを知っておこう。

2020年06月05日 08時00分

チャットともSNSとも少し違う、Slackでの「絵文字」の役割

働き方や情報共有のみにとどまらず、大学職員の気質自体を変えたい

組織に地力がなければ効果は出ない 慶應義塾大学でのSlack導入の本音

2020年5月14日、Slack Japanは教育機関にフォーカスしたオンラインセミナーを開催した。500名以上の参加があったというセミナーには、Slack Japanのほか、慶應義塾大学、近畿大学、京都大学、N高等学校の担当者が登壇し、Slackの導入や課題について生々しく語りあった。

2020年05月27日 09時30分

組織に地力がなければ効果は出ない 慶應義塾大学でのSlack導入の本音

スレッドを理解することで、チャンネル内の話題を混乱させることなく議論を深められる

Slackの「スレッド」を活用して深いディスカッションを行う

Slackを使い倒して業務効率をアップさせるための入門記事連載第6回。今回は、Slackにおけるコミュニケーションをより深いものにする「スレッド」機能を理解し、使いこなすためのテクニックだ。

2020年05月22日 08時00分

Slackの「スレッド」を活用して深いディスカッションを行う

グローバルでリモートワークを継続するSlackの最新動向とノウハウ

日本法人代表の佐々木氏に聞いたリモートワークでのSlackの便利な活用法

新型コロナウイルスに対応するため、多くの会社が在宅勤務の導入を積極的に推進しているが、こうした在宅勤務に必須となるのが、Slackのようなビジネスコミュニケーションツールになる。グローバルでリモートワーク体制に移行しているSlackの現状とリモートワークでの便利な使い方について日本法人代表の佐々木聖治氏に聞いた。

2020年05月18日 09時00分

日本法人代表の佐々木氏に聞いたリモートワークでのSlackの便利な活用法

新たに「ホーム」画面や「タブバー」などが登場、モバイルでよく使う画面に素早くアクセス

SlackがモバイルアプリのUI刷新、“シンプルで整理されたSlack”へ

Slackがモバイルアプリのユーザーインタフェース(UI)デザイン刷新を発表した。モバイルでよく利用する機能にすぐアクセスできる“シンプルで整理されたSlack”を目指したもので、新たに「ホーム」画面や「タブバー」などが登場している。

2020年05月14日 06時30分

SlackがモバイルアプリのUI刷新、“シンプルで整理されたSlack”へ

専用アプリを使って「いつでもどこでも」のコラボレーションを加速させよう

Slackをモバイルアプリやデスクトップアプリから利用する

Slackを使い倒して業務効率をアップさせるための入門記事連載第5回。今回は、PCの前にいなくてもコラボレーションができるモバイルアプリ、そしてWebブラウザよりも快適に使える専用デスクトップアプリの利用方法を紹介する。

2020年05月08日 08時00分

Slackをモバイルアプリやデスクトップアプリから利用する

3万人規模のコミュニケーション基盤を目指し、ビジネスマネージャー奮闘する

ベルシステム24がSlackで実現した「冷めないコミュニケーション」とは?

企業の問い合わせ窓口としてコンタクトセンターを運営するベルシステム24は、社内のコミュニケーションにSlackを導入している。現場同士、クライアントとのコミュニケーションを大切にする同社がなぜSlackを導入したのか? ビジネスマネージャーの立場でSlack導入のプロジェクトを推進する川崎 佑治氏に話を聞いた。

2020年04月27日 10時00分

ベルシステム24がSlackで実現した「冷めないコミュニケーション」とは?

ユーザー数が急上昇するTeamsの最新機能を検証する

SlackからTeamsを呼び出すアドオン、Teamsのカスタム背景画像を試す

本連載は、マイクロソフトのSaaS型デスクトップ&Webアプリケーション(以下、アプリ)「Office 365」について、仕事の生産性を高める便利機能や新機能、チームコラボレーションを促進する使い方などのTipsを紹介する。

2020年04月15日 09時00分

SlackからTeamsを呼び出すアドオン、Teamsのカスタム背景画像を試す

メッセージの修正/削除、メンション、絵文字やリアクションなど

Slackでメッセージを投稿するときに活用できるTips

Slackを使い倒して業務効率をアップさせるための入門記事連載第4回。今回は、社内/チーム内コミュニケーションをスムーズにするための、メッセージ投稿時に便利なTipsあれこれだ。

2020年04月09日 08時00分

Slackでメッセージを投稿するときに活用できるTips

業務効率化と組織内コミュニケーションの活性化を目指す

ソラシドエアがSlackを導入、オープンな情報共有を目指す

ソラシドエアがSlackの全社導入を開始。「オープンマインド」な企業文化の醸成を目指し、より組織的なコミュニケーションの活性化を進める。

2020年04月06日 14時00分

ソラシドエアがSlackを導入、オープンな情報共有を目指す

AWSはSlackを全社導入

Slack、AWSと数年間にわたるパートナーシップを契約

Slackは6月4日(米国時間)、AWSと数年間にわたる戦略的提携を結んだと発表した。

2020年06月05日 14時30分

Slack、AWSと数年間にわたるパートナーシップを契約

Slackから直接Teamsの通話が可能に

Slack、「Microsoft Teams Calls」のベータ版を公開

Microsoft TeamsとSlackに連携させることで、Slackから直接Teamsのビデオ通話を開始できる。

2020年04月02日 17時00分

Slack、「Microsoft Teams Calls」のベータ版を公開

新しいナビゲーションバー、サイドバーの項目整理機能、Slackアプリのショートカット操作など

SlackのUIが大幅アップデート、「誰にとっても使いやすい」目指す

Slackがユーザーインタフェース(UI)の大幅なアップデートを発表した。組織(ワークスペース)全体を一括検索できる機能、サイドバーの項目整理機能、各種アプリのショートカット操作機能などが追加される。

2020年03月19日 07時00分

SlackのUIが大幅アップデート、「誰にとっても使いやすい」目指す

リモートワークだけでなくオフィスの仕事でも使えそう

Slack社員が伝授、リモートワークに役立つ使い方

Slackブログにおいて「オフィス閉鎖時に使える働き方のヒント」として、Slackで実践している習慣やリモートワークに役立つ情報を公開。

2020年03月18日 18時30分

Slack社員が伝授、リモートワークに役立つ使い方

デザイナーと開発者が「Block Kit Builder」でキャッチボール

ナビタイムジャパンはSlack好きが高じて使う側から作る側へ

経路検索の技術を基盤として、「NAVITIME」をはじめとしたさまざまなナビゲーションサービスを展開するナビタイムジャパン。社内コミュニケーションツールとして使い始めたSlackが根付いた結果、結局Slackと連携するアプリ「NAVITIME for Slack」まで作ってしまった同社のSlackジャーニーを聞いた。

2020年03月16日 09時00分

ナビタイムジャパンはSlack好きが高じて使う側から作る側へ

「MyRefer」からの求人や社内ニュースをSlackで通知可能に

MyReferは3月9日、リファラル採用活性化プラットフォーム「MyRefer(マイリファー)」と、ビジネスコラボレーションハブ「Slack」との連携を開始した。

2020年03月09日 19時00分

「MyRefer」からの求人や社内ニュースをSlackで通知可能に

ワークスペース内にいくつも作れる「チャンネル」作成時の注意点とは?

Slackのチャンネルを新規作成し、メッセージを投稿する

Slackを使い倒して、ビジネスに活用するための連載第3回。今回はプロフィールを登録し、ワークスペース内に「チャンネル」を新規作成して、メッセージを投稿してみよう。

2020年03月09日 08時00分

Slackのチャンネルを新規作成し、メッセージを投稿する

金融やヘルスケア、公共など、データ保管国に規制のある業界や組織での採用を後押し

Slack、データレジデンシー機能で日本国内へのデータ保管にも対応

ユーザー企業/組織がデータの保管先地域(リージョン)を選択できるSlackの「データレジデンシー機能」において、新たに日本リージョンが選択可能になった。

2020年03月05日 08時00分

Slack、データレジデンシー機能で日本国内へのデータ保管にも対応

Slack誕生の背景とコンセプト、変わらない「2つのコアアイデア」、日本ユーザーの特徴まで

「Slackは分断化するチームをつなぎなおす」Slack共同創設者/CTOに聞く

Slack共同創設者の一人でありCTOを務めるカル・ヘンダーソン氏は、現在の業務環境は「チームの分断化」を招いており、Slackはそれをつなぎなおすと説明する。あらためてSlack誕生の背景からキーコンセプト、Slackが解消を目指す「組織の課題」とは何かを聞いてみた。

2020年03月02日 08時00分

「Slackは分断化するチームをつなぎなおす」Slack共同創設者/CTOに聞く

まずは会社やチームで情報共有するための「ワークスペース」を用意する

無料でSlackのアカウントを作成し、チームでの利用準備を整える

Slackを使い倒して、ビジネスに活用するための連載第2回。今回は、実際にSlackアカウントを作成して、ワークスペースの準備をする手順を紹介する。

2020年02月10日 08時00分

無料でSlackのアカウントを作成し、チームでの利用準備を整える

世界で1200万人超が利用する“ビジネスコラボレーションハブ”の基礎知識

業務効率をアップできるビジネスツール「Slack」とは

本連載では、Slackを使ったことがない、もしくは触れたばかりというユーザーに、使い倒すためのテクニックや活用方法を解説していく。その前段として、今回は「Slackとはどんなものか」について紹介していこう。

2020年01月27日 08時00分

業務効率をアップできるビジネスツール「Slack」とは

各種通知をSlackで受け取り可能に

CXプラットフォーム「KARTE」がSlackと連携

プレイドは同社が運営するCXプラットフォーム「KARTE(カルテ)」においてSlackとの連携を開始した。

2020年01月25日 14時00分

CXプラットフォーム「KARTE」がSlackと連携

Why Slack?で聞いたオープンな情報共有の課題と効能

クオカードとアビームが語るSlackのオープンコミュニケーション

Slack Japanは導入検討中の企業へ理解を深めてもらうため、「Why Slack?」と題したイベントを開催。ユーザー企業2社の事例が紹介された。

2020年01月09日 09時00分

クオカードとアビームが語るSlackのオープンコミュニケーション