このページの本文へ

週替わりギークス第133回

ブログやニュースサイトが古くなった理由

2019年07月23日 17時00分更新

文● 吉永龍樹 編集● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

目を動かすことは面倒になりつつある?

 サービスを作るときに「アイトラッキング調査」をすることがある。

 アイトラッキング調査は、被験者の目の動きを測定できるカメラを付け、ウェブサイトやサービスを見てもらう調査である。初見の人の目線はどこを見ているのか、その次に見るのはどこか? 必要なメニューはきちんと見えているか? バナーはどれだけの人がきちんと見ているのか? などを総合的に調べることができる。

 アイトラッキング調査は、もともと「サービスデザイン(ユーザーインターフェース=UI/ユーザーエクスペリエンス=UX)」の改善点を調べることが目的だった。

 その文脈で、最近感じるのは、スマホを中心とした過酷なコンテンツ競争のなかで、そもそも「『目を動かす』というアクション自体が苦境に立たされつつあるのではないか?」ということだ。

ブログやニュースサイトは目を動かす必要がある

 たとえば、ブログ。

 ブログは写真と文章で構成されている。読者は文字と写真に視線を動かし、ページを縦にスクロールする必要がある。画面をスクロールすると、文字の位置も動くので、視線も追尾しなければいけない。ニュースサイトやまとめ記事サイトなども、同じ構造だ。

YouTube視聴中にスクロールするのは少数派

 YouTubeと比較すると、どうだろうか?

この連載の記事

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!