このページの本文へ

週替わりギークス第121回

会社員でありながら「自分らしく働く」を探すには?

副業したい会社員必見!年間200時間のランチタイムをどう活用する?

2019年04月23日 17時00分更新

文● 正能茉優 編集 ●上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 読者の皆さん、こんにちは。正能茉優です。今月も大学時代に立ち上げたハピキラFACTORYの社長と、ソニーの会社員、そして慶應義塾大学大学院の特任助教の3つのお仕事をしています。2018年度のお仕事が終わりホッとしたのもつかの間、途切れることなく新年度が始まり、日々の締め切りに追われる毎日です。

 さて、この連載では、働き方改革が進むこのご時世、会社や組織に関係なく「個人」で副業やパラレルキャリアを実現する方法や、その時の考え方について考えています。

 今回のテーマは「で、結局何から始めたら、目指す働き方ができるんだっけ?」。前回は「“自分らしく働こうブーム”に、疲れてきちゃった!」という話を書きましたが、そうは言っても、現状の仕事以外にやってみたいことがある人はどうしたらいいのでしょうか。

 考え方やスタンスの話ではなく、行動として、まずは何から始めたらいいのかわからない。どう動いたらいいのかわからない。新年度ということもあってか、最近、そんな相談を受けることが多くあります。

ランチタイムは年間で200時間もある?

 私自身、最近、本職がすごく盛り上がっていることもあり、やりたいことがあるのに時間がない、という人の気持ちがわかるようになってきました(苦笑)。新しいことを始めるどころか、今やっている仕事ですら、締め切りギリギリになってしまうことも増えてきたように思います。

 そんななか、新しいことに取り組む、あるいは新たなやりたいことを見つけることの絶望感たるや、想像を絶するものです。

 でも、どうにか行動しない限りは、何も変わらない。

 そこで、最近、私が気をつけているのが「ランチタイムの使い方」です。1日たった1時間。でも、積み重ねていくと、1週間に5時間、月に20時間。年間で見ると、なんと200時間を超える。なかなか大きな時間です。200時間もあれば、なにかできそうな気がしてきませんか?

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!