ASCII倶楽部

このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記 ― 第249回

タイプライターはオシャレなアイテムだという風潮

2017年07月31日 08時00分更新

文● コジマ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キーボードにもいろいろありますが、タイプライターに似せた外見の製品があります。これ、一定の需要があるようです。

 ASCII.jpの記事でも、タイプライター風Bluetoothキーボード「QWERKYWRITER」や、タイプライターがUSBキーボードになるキットなどは、やはり人気がありました。

 確かに、タイプライターの構造に魅力があるのはわかります。文字が「パチパチ」とスタンプされる様子。リボンが少しずつ送られるメカニズム。右端まで打ったときにガチャンと左に戻すレバーの動作。味がありますよね。

 一般的にキーボードには打鍵感、使い勝手が重要視されます。しかし、機能面では使いにくさもあるかもしれませんが、タイプライターに似たつくりのキーボードに人気があるのも頷けます。やはり、あのギミックと雰囲気は他に代えがたい。

 ところで、編集部のゲーム担当であるちゅーやんが引っ越すことになりまして、「部屋に何を置いたらモテますかね?」といきなり聞いてきました。ざっくりした質問です。そもそも、家に○○があるからモテるというものでしょうか。

 質問も適当なら編集部員たちの答えも適当です。「アクアリウムでしょ」「ワインセラーでしょ」「地球儀でしょ」など、まったく一人暮らしには必要のないワードが飛び交いました。たぶん、ちゅーやんはどれも買わないと思います。

 ただ、筆者が気になったのが「地球儀」という意見です。そんなものは小学生の学習机にしか置いていないのではないかと思いましたが、ふと気付いた。ちょっとアンティークな雰囲気の小さな地球儀は、確かにインテリアとして売られているなと。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!