このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

今おススメのワイヤレスオーディオ16製品をピックアップ

新iPhoneで使いたい! Bluetoothスピーカー、ヘッドフォン、イヤフォンを買う

2016年09月13日 20時00分更新

文● 鳥居一豊 編集●ハシモト

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 新iPhoneはヘッドフォンなどを接続するアナログ音声出力端子を撤廃するという。そんな動きに対して、注目度が高まってきているのがBluetoothだ。

 近距離の無線規格でキーボードやマウスなどさまざまな機器が登場しているが、スマホ用のヘッドフォン/イヤフォン、コンパクトなモバイルスピーカーなど、ワイヤレスのオーディオ機器としても今や定番の存在だ。

●Bluetoothヘッドフォン編
ボーズ QuietComfort 35 Wireless headphones
JBL EVEREST ELITE 700
オンキヨー E300BT
ソニー MDR-EX750BT
グリーンハウス GH-BHRA
ソニー MUC-M2BT1

●Bluetoothスピーカー編
ソニー SRS-ZR7
ボーズ SoundLink Mini Bluetooth speaker II
JBL CHARGE3
オンキヨー ONKYO X6
パナソニック SC-ALL05
Ultimate Ears UE BOOM 2
ヤマハ WX-010
JBL PULSE2
パナソニック SC-LT200
ソニー LSPX-S1

Bluetoothオーディオ盛り上がりのきっかけは
Lightning端子の登場から

 Bluetoothオーディオが今のような人気アイテムになったのは、iPhone 5やiPod(第4世代)がそれまでの接続端子(Dockコネクター)から現行のLightning端子に変更したことが大きなきっかけだ。

 それまではヘッドフォン/イヤフォンはアナログ接続が当たり前で、iPhone用スピーカーは同時に充電できるDockを備えたものが主流。しかしDockスピーカーは端子の変更で新型では使えなくなってしまう。

 すでにAndroid端末など、端子の異なるポータブルオーディオ機器も増えており、ユーザーは機器ごとにDockスピーカーも揃えることなどナンセンスだと感じつつあった。そこで接続端子の形状に左右されないワイヤレス規格のBluetoothに注目が集まったのだ。

 BluetoothはiPhoneなどのiOSでも、Android端末やそのほかの機器でも標準的に採用されている規格なので、Bluetoothに対応していれば機器を選ばず使用できる。

 しかもワイヤレスなので快適に使える。問題は圧縮伝送を行なうことによる音質的なダメージだったが、注目度が高まり製品数も増えてくると音質も飛躍的に向上した。

 というわけで、今やコンパクトなモバイルオーディオ機器にはBluetooth対応が当たり前となっており、新iPhoneの登場でますますBluetoothへの注目度が高まるものと思われる。

 ちなみに、Lightning端子搭載のヘッドフォン/イヤフォンも登場しはじめてはいるが、そのほかのオーディオ機器との互換性が低いこともあって、あまり普及はしないのではないかと予想している。

 というわけで、ますます注目度が高まりそうなBluetooth対応のオーディオ機器をタイプ別にまとめて紹介していこう。

ワイヤレスで配線が邪魔にならない!
軽快に使えるヘッドフォン/イヤフォン

 Bluetoothヘッドフォン/イヤフォンは、アクティブな使い方をするスポーツ向けモデルが中心となっていたが、ノイズキャンセルヘッドフォンのようなアクティブ型(バッテリー、アンプ内蔵型)モデルの普及にともない、Bluetooth対応も進んできている。

 コンパクトなオーバーヘッド型やスポーツ向けにも適したイヤフォンタイプなど、こちらもバリエーションは豊富になっている。

強力なノイキャン機能が魅力!
ボーズ「QuietComfort 35 Wireless headphones」

ボーズ「QuietComfort 35 Wireless headphones」(シルバーモデル)。ブラックのモデルもある
ボーズ「QuietComfort 35 Wireless headphones」(シルバーモデル)。ブラックのモデルもある

 まず紹介するのは、ノイズキャンセルタイプの元祖となるボーズの「QuietComfort 35 Wireless headphones」(実売価格 4万円前後)。ノイキャンヘッドフォンの代名詞と言えるQuietComfortが待望のワイヤレス化を実現したわけだ。

装着イメージ。合成プロテインレザーで作られたイヤークッションで付け心地はいい 装着イメージ。合成プロテインレザーで作られたイヤークッションで付け心地がいい
ハウジング内部。LとRが大きく書かれていて親切だ
ハウジング内部。LとRが大きく書かれていて親切だ
ハウジング外側に電源スイッチを装備
ハウジング外側に電源スイッチを装備
操作ボタン類はハウジング下方に装備する
操作ボタン類はハウジング下方に装備する
NFCにも対応する
NFCにも対応する
有線接続も可能。オーディオケーブルも付属する
有線接続も可能。オーディオケーブルも付属する

 強力なノイズキャンセル機能に加えて、音量に合わせてバランスよく音を調整するイコライザーを内蔵し、快適な音質を楽しめる。バッテリー駆動時間は、Bluetooth接続で約20時間だが、有線接続の場合は40時間駆動できる。

 その音質はまとまりのよい聴きやすい音質で、コンパクトなサイズながらも低音もしっかりと出る。ポップスを聴くとボーカルがしっとりとした柔らかい感触で実に聴き心地が良い。楽器の音色の鳴らし分けもしっかりとしており、ナチュラルな質感が得られる。

 ノイズキャンセル機能は室内ならばエアコンの空調ノイズを一切カットしてくれる。話し声もかなり遠くの声のように感じるほど強力だ。

 地下鉄のホームや電車内などのうるさい環境でもかなり快適な静けさが得られる。

 以降のページ(アスキー倶楽部会員向け)では、人気のヘッドフォン/イヤフォンはもちろん、ボーズの人気ナンバーワンスピーカーや一風変わった照明兼用ワイヤレススピーカーなど、イチオシ製品を紹介していく。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!