このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

QuietComfort 35、QuietControl 30など4製品

BOSE初のBluetooth+ノイズキャンセリングヘッドフォンに触れた

2016年06月21日 20時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
米国から来日したエンジニアのダン・ゲイジャー氏

 ボーズは6月21日、今週金曜日から販売を開始する、同社初の“ノイズキャンセリング機能”搭載“Bluetoothヘッドフォン”を国内で公開した。

 米国からエンジニアが来日。特に時間を割いて紹介されたのが「QuietComfort 35 wireless headphone」(QC35)と、9月下旬投入予定の「QuietControl 30 wireless headphones」(QC30)だ。ボーズ博士がノイズキャンセリングヘッドフォンの開発を思い立ったエピソードを含め、NCに対する同社のこだわりや思いが示された。

スポーツ向け新機種の発売も前倒しに

 既報のとおり、ボーズは6月7日に以下のBluetoothヘッドフォン4機種を発表している。

 QuietComfort 35(6月24日発売、価格3万9960円)
 QuietControl 30(9月下旬発売、価格未定)
 SoundSport(6月24日発売、価格1万9940円)
 SoundSport Pulse(9月下旬発売、価格未定)

 このうちQC35とQC30はノイズキャンセリング(NC)に対応したモデルだ。QC35はオーバーイヤー型、QC30はインイヤー型。QC30ではノイズキャンセリングする量をユーザーが細かく調整できる新機能“コントローラブル・ノイズキャンセレーション”を訴求している。製品名が従来の“Comfort”から“Control”に変わっているのもそのためだ。

 スポーツ向けの「SoundSport wireless headphones」はIPX4相当の防滴仕様。StayHear+ Sportチップで安定した装着感が得られる。また「好評」を理由に、発売時期も前倒しした。当初の7月から6月24日の発売となった。スポーツ向けヘッドフォンとしては、ほかにも心拍センサーを内蔵したSoundSport Pulseという製品を投入する。

スポーツタイプのSoundSportシリーズ。SoundSport Pulseは右の赤いモデル。

 なおいずれの機種もBluetoothの高音質コーデックaptXには非対応とのこと。ボーズとして効果的なユースケースが少ないという点と、ソース機の対応もまだまだ限定的である点が理由だという。

写真で見る新製品

 QC35は、シルバーとブラックの2色がある。装着感に優れている印象だ。

 SoundSportは、スポーツタイプのBlutoothヘッドフォン。耳への固定感はなかなかしっかりしていた。

SoundSport。サイズは割と大きいが、イヤーピースの出来がよくしっかりと耳に固定できた。BluetoothのLEDが見える。
操作部分。NFCにも対応している。
SoundSport Pulse
左の出っ張っている部分が心拍センサー

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン