このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Hour of Codeで学ぶプログラミング基礎の基礎第6回

キャラクターを追加してゲーム性を高める

スター・ウォーズのキャラを使って自由にプログラミング【ゲーム開発編】

2016年09月17日 17時00分更新

文● 小野哲生 編集●吉田ヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回に引き続き、ビジュアルプログラミングツールの1つでオンラインで学ぶ「code.org」のサイトを利用してプログラミングの基礎を解説します。今回はスター・ウォーズのコースの最終回。パズル11〜15までを進めていきます。

パズル11:キャラクターを追加する

 パズル11では、パッファーピッグというキャラクターを追加して捕まえていきます。パッファーピッグは黄色いカバのようなキャラクターです。

 「実行した時」というイベントに「加える(パッファーピッグ)」コマンドを2つ追加して、3匹のパッファーピッグが出現するようにします。

 「パッファーピッグを捕まえた時」というイベントには、効果音とポイント追加のコマンドが用意されています。「実行」ボタンをタップすると、3匹のパッファーピッグが出現します。

 上下左右の矢印をタップして3匹とも捕まえると、パズル1はクリアとなります。

 しかし、このままではゲームっぽさを感じられません。パズル10までで学んだように敵キャラクターのストームトルーパーを出現させ、触った時に減点するようにしてみましょう。まず、「加える(パッファーピッグ)」の下に「加える(ストームトルーパー)」をつなげます。

 次に、「ストームトルーパーに触ったとき」のイベントをワークスペースにドラッグ&ドロップします。

 効果音とポイント減点のコマンドをつなげます。

 さらに、「パッファーピッグを捕まえた時」のイベントに「加える(ランダム)」を追加してみます。

 「実行」ボタンをタップしてパッファーピッグを捕まえると、マイノックや反乱軍のパイロット、これまでに出てきていないキャラクターが現れます。

 黒い四角いドロイドのキャラクターはマウスドロイドと言います。いろいろなパターンを作ってみましょう。

 クリアしたら、「続行」ボタンをクリックしてパズル12に進みましょう。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!