このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第276回

4人乗れてオープンにもなる贅沢なBMW「M440i xDrive Cabriolet」は車中泊もできる

2022年12月03日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

BMW M440i xDrive Cabriolet(1112万円/取材・撮影車両はオプション込み1135万8000円)

 突然ですが、オープンカーは人生を豊かにしてくれます。一度乗れば「こんなにもクルマは楽しいものなのか」と思うこと間違いナシ。なぜ今まで乗ってこなかったんだろう、人生を半分損していたと思うことでしょう。今回ご紹介するBMW「M440i xDrive カブリオレ」は、家族全員がオープン体験できる、数少ない4座オープンカーの1台です。

4人乗れてオープンにもなる贅沢感
「BMW M440i xDrive カブリオレ」

 カーライフを豊かにするオープンカーですが、残念ながら日本では不人気のジャンル。国産車はマツダ・ロードスターとダイハツ・コペンとその派生車種、そしてレクサスのLC500コンバーチブルのみです。そのうち4人で乗れるのはレクサスのみで、お値段は1500万円~。

FIAT 500 TwinAir ドルチェヴィータ

 となると輸入車に目を向けるわけですが、最もお安いモデルはFIAT 500 TwinAir ドルチェヴィータ(325万円)。ただ、このモデルは振動が……。

MINI COOPER S カブリオレ(453万円)

 次に目がいくのはMINI。こちらは389万円から始まりますが、より余裕のあるエンジンを、という話になるとCOOPER S(453万円)が現実的な選択肢となりそう。

 オープンカー不人気の理由をASCII.jpに出演したことのある女性に尋ねたところ「髪が乱れる・日焼けする」(20代・女性)、「目立つ。チャラい」(20代・女性)というほかに「クルマとしての実用性が乏しい」(20代・女性)という話があがります。そこでMINIとFIAT500に話を戻すと、いずれも荷室が恐ろしく狭い。ついでに言えば後席も狭いのです。イマドキの女子的SUV人気の理由は「荷物が乗る」「車内が広い」が大勢を占めています。

BMW M440i xDrive Cabriolet(1112万円/取材・撮影車両はオプション込み1135万8000円)

 そこで「4人乗れて荷物が乗るクルマは?」と探した結果が、今回のBMW M440i xDrive カブリオレというわけです。広報車の都合で最上位グレードの1000万円コースになってしまいましたが……。

 最初見た時に衝撃を受けたフロントマスク(バーチカルキドニーグリル)のM440i xDrive CoupeをASCII.jpでご紹介したのは昨年5月のこと(これぞクーペのお手本「BMW M440i」は一騎当千の実力!)。さすがに見慣れてきたといいますか、「コレはコレでカッコイイ」とさえ思うようになりました。

3リットル直6ターボエンジン

 この4シリーズカブリオレのラインアップは主に3種類。FRレイアウトで最高出力184PSの2リットル直列4気筒DOHCターボを心臓部に持つ「420i Cabriolet」と、インテリアやエクステリアなどに手を加えた「420i M Sports Cabriolet」。そしてAWDで最高出力387馬力の3リットル直6DOHCターボエンジンを搭載した「M440i xDrive Cabriolet」。420iとM440iの価格差はざっくり500万円です。

ラゲッジのドアを開けたところ

開口部はあまり大きくは開かない

ラゲッジスペースは奥行きが深い

リアシートを倒した様子

リアシートを倒すとトランクスルーになる

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ