• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022December

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

なめらかなアクションはプレイへの期待を高める

動く動く…!オープンワールドアクションRPG『鳴潮(Wuthering Waves)』がTGS 2022で約10分間のプレイ動画を初出展

2022年09月15日 17時45分更新

文● Zenon/ASCII

 GUANGZHOU KURO TECHNOLOGYは9月15日、KURO GAMEがUnreal Egine4を用いて開発中の“終末世界を舞台とするリアルタイムバトル収集オープンワールドRPG”『鳴潮(Wuthering Waves)』を、2022年9月15日~18日に開催中の「東京ゲームショウ 2022」に出展したと発表。

 これは世界初となる公式のお披露目であり、ゲームの世界観である「黒石」をモデルにしたブースでは、約10分間のプレイ動画を楽しめるという。

 本作は無料プレイの形式で、マルチプラットフォームにて展開予定。以下では本作の特徴について紹介していこう。

■【鳴潮(Wuthering Waves)】2022年東京ゲームショウ宣伝動画
https://www.youtube.com/watch?v=UyWQ0X3XzRA

鳴潮(Wuthering Waves)とは?

 高速成長の時代は悲鳴と呼ばれる災害に阻まれ、地球規模の地質災害と二次災害によって無数の命が消え、文明に断層が生じてしまった。
 

 そして、災害にともなって生まれたのが、「幻象」と呼ばれるまったく新しい種、エネルギー価値を持つ鳴潮物質、災害によって進化した人類の共鳴者たちだった。そして、そこから人類と幻象による長く激しい戦いが始まったのである……。
 

 だがしかし、その戦いは意外な形で幕を降ろすことになったのだ。突如、龍の神獣があらわれたかと思うと、高位の幻象を飲み込んでしまい、そのまま眠りについたのである。こうして人類は龍の神獣の活躍によって再び優位に立つことになった。
 

 戦火が落ち着くと、人類は6つのエリアに居住区を作り、復興を目指しながら幻象の生態を探し、世界の主権を確固たるものにしようと活動を開始した。
 

 しかし、そうした人類の復興を邪魔するかのように、百年以上も潜伏してきたテロ組織「残星会」が活動を再開、どうやら世界を災厄の渦に巻き込もうとしているらしい……。
 

 再び新たな危機が到来した。人類は終末世界を舞台に、迫りくる災厄を退け、その真相に迫ることができるのか?

ポイント1:豊富なアクション要素

 本作では【通常攻撃】、敵の硬直を生み出す【パリィ】、次の攻撃を強化できる【パーフェクト回避】、スキル攻撃【共鳴スキル】、上位スキル【共鳴解放】、キャラクターが連動する【協奏作用】など、多彩なアクションが用意されている。

 また、バトルだけではなく探索時にもスタミナ消費なくダッシュができたり、壁を登ったり、垂直のパルクールを楽しんだり、フックロックを使ったりと、躍動感のあるアクションが楽しめる。

ポイント2:演出たっぷり、ボスとの没入感のあるバトル

 ボスの演出については映画などの手法をふんだんに盛り込み、ストーリー、グラフィック、ゲームプレイを緊密に結びつけ、より「没入感」のある体験を提供する。

ポイント3:コレクトシステムによるユニークなキャラクターの育成

 プレイヤーは、強力なモンスターと戦うなかでモンスターを解析することで、「幻のスキル」を入手できるチャンスも。現時点では、攻撃、防御、回復、変位など、さまざまな次元の幻のスキルが用意されている。

 これらの収集要素によって、さまざまな育成が楽しめる本作。千変万化ともいえるキャラクター育成を楽しもう。

ポイント4:世界観ビジュアルクォリティ

 キャラクターモデリング、シーンエフェクト、ライティングなど、レンダリングの質については細心の注意を払って開発。

 シーンごとに異なるデザインやディテールで差別化を図っているものの、全体としては細かいラインや類似の彩度、象徴的な世界観のコンテンツアートの統合などで統一されている。グラフィックアートのクオリティを確保しつつ、独自のスタイルを形成している点には注目だ。

 

【ゲーム情報】

タイトル:鳴潮(Wuthering Waves)
ジャンル:オープンワールドRPG
販売:GUANGZHOU KURO TECHNOLOGY
開発:KURO GAME
プラットフォーム:未定(マルチプラットフォーム)
配信日:未定
価格:基本プレイ無料

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう