このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第237回

どれにする? 新型ステップワゴンは3モデルがそれぞれ特徴的で選びやすい

2022年07月10日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●寺坂ユミ(@129Ym_afilia)編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Honda/STEP WGN AIR (写真はe:HEV FF仕様で338万2500円)

 Hondaが5月26日に正式発表した6代目STEP WGN(ステップ ワゴン)。そのターゲットはミニバン・ネイティブ世代、つまり生まれた時からミニバンがあった現在の30~40代の人たちなのだとか。ということで、ミニバンで育ったアイドル「純情のアフィリア」の寺坂ユミさんこと「ASCII.jp自動車部のゆみちぃ部長」に、イマドキのミニバンを体験してもらうことになりました。ちなみに寺坂さんは30歳ではありませんし、愛知県出身ゆえT社のミニバンで育った模様……。はたしてHondaのミニバンはどのように映るのでしょうか?

6代目STEP WGNはこんなクルマ

HondaのSUV、VEZELとゆみちぃ部長

 ゆみちぃ部長は、MINIとSUVが大好き。特にBEVなら言うことなしという女子であります。一方でミニバンに対して感度は低いどころか「イマドキ、ミニバンって必要なんですかね?」と存在そのものに疑問を抱く様子。というのも「核家族化が進んでいるうえに、少子化が進んでいるじゃないですか。だからミニバンってどうなのかな? と思うんですよ」と鋭く世相を斬ります。部員Kは、このネガティブ発言を打ち消すべく「子供がいて祖父母と一緒に旅行するときに便利じゃないですか」というのですが、独身貧乏Kは内心「夫婦と子供1~2人だけならSUVかセダンを選ぶよな」「というか、単身者がミニバンに乗ったところで何がわかるんだろう?」と思ったりも。まずはこんなスタンスから取材が始まりました。

左からSPADA、AIR、SPADA Premium Line

 今回のSTEP WGNはAIR、SPADA、SPADA Premium Lineと3つのグレードが用意されています。ざっくりいうと、AIRはプレーンなデザインとベーシックな装備、SPADAは豪華仕様でPremium Lineは最上位、という位置づけ。ですがAIRが廉価グレードというわけではなく、AIRとSPADAはスタイルや個性の違いで選ぶべき、といえそうです。

STEP WGNが搭載する2リッター直4 DOHC 16バルブエンジンと交流モーターの組み合わせたe:HEVユニット

 パワートレインは最高出力150PS/最大トルク20.7kgf・mのVTEC TURBOガソリン車と最高出力184PS/最大トルク32.1 kgf・mのハイブリッド「e:HEV」の2種類。ガソリン仕様車はFFのほか、4WDが用意されていますが、e:HEVはFFのみ、となります。

STEP WGN SPADA (ガソリンFF仕様/325万7100円)

「イマドキのドヤ感は薄いんですね」とゆみちぃ部長

 まずはSPADAからチェックをすることにしましょう。「なんか大きなクルマですね」というのがゆみちぃ部長の第一声。さすがに「これ、本当に運転するんですか?」とは言わなくなりましたが「実際は大きいんですが、パッと見た感じそれほど大きく見えないですね。威圧感みたいなものが少ないからかな」と、色々な角度からクルマをチェックします。

2列目シートに座るゆみちぃ部長

2列目シートの様子

2列目シートにはテーブルのほか、USB Type-Cレセプタクルも用意されている

 続いて室内をチェック。室内はブラック(ファブリック×プライムスムースレザー)で、シックな印象です。まずは2列目シートを観察するゆみちぃ部長。「めっちゃ豪華。テーブルもあって、まるで新幹線のグリーン車みたい!」と感嘆の声を挙げます。ワンハンドルでシートが前後だけでなく左右にも動くことにも驚きで、シートを後ろに下げると「めっちゃ広いですね。SUVとか比になりません」と大喜び。さらにゆみちぃ部長を喜ばせたのがオットマン。美脚を乗せてくつろぎモードを展開し「このクルマ、いいですね!」とニンマリ。

3列目シートの様子

 3列目もチェックしましょう。「2列目シートの位置によりますが、3列目も広いですね。それにUSB端子とかもちゃんとある!」と快適そう。「地方公演などでマイクロバス移動があるのですが、人気がないのは一番後ろなんですよ。それは圧迫感とかそういったところなのですが、STEP WGNは2列目に比べれば見劣りしますが、普通のコンパクトカーくらいの快適さは得られていますね」とご満悦。

ヘッドレストを取り外すとフラットに!

寝てみた有閑マダム部長

 STEP WGNのすごさはこれだけにとどまりません。2列目と3列目のヘッドレストを取り外し、それぞれの背もたれを倒すとフラットになるのです! 「多少デコボコしていますが、寝れるじゃないですか!」というわけで、お待たせしました。ASCII.jp名物「フラットになったら寝っ転がりカット」の撮影となりました。

アイドルらしい寝っ転がりカット! 足をクロスするあたりがアイドルらしいポーズです

 「これにカーテンがあったらマジで寝られますね!」とゆみちぃ部長。では寝てもらいましょう! ということで、純正オプションの「セパレートカーテン」(7700円)と「プライバシーシェード」(1万6500円)を取り付け、かつエアーマットレスを敷いてみましょう。

クッションなどを置くとフラットに!

2列目シートの後ろにカーテンを取り付けた状態

 「ヤバい! これは家ですよ。ちゃんとしたベッドですよ」と、ゆみちぃ部長。「いくつか寝られるクルマを体験しましたが、一番広いかも!」だんだんミニバンの良さをわかってきたようです。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ