このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第232回

クルマは乗らなきゃわからない! HondaのRQがNSXに乗ってお勉強

2022年06月25日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●新 唯(@arata_yui_)編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Honda/NSX(2420万円)と新 唯さん

 スポーツカー大好きの「モデル/タレント/女優」の新 唯(あらた・ゆい)さん。そんな唯さんに、今年の12月で生産終了が発表されているHondaのスーパースポーツ「NSX」(2420万円)を試乗してもらうことになりました。唯さん史上、最高額のクルマ体験。はたして……。

SUPER GTのNSXを応援するために
市販車のNSXを知る

2022年度のModuloスマイルに就任した唯さん

 さて、なぜ唯さんがNSXに乗ることになったのか。それは彼女が今年、SUPER GT/GT500クラスに参戦する「Modulo Nakajima Racing」を応援するレースクイーン「Moduloスマイル」に就任したとこに端を発します。Modulo Nakajima Racingの参戦車両はNSX-GTですので「1年間NSX-GTを応援するのだったら、彼女にNSXを体験してもらおう」ということに。さらに「せっかくなので、NSXに乗って御殿場にあるNAKAJIMA RACINGに行ってもらおう!」という展開に。

Modulo NSX-GTと唯さん

 こうして唯さんは、NSXに乗ってNAKAJIMA RACINGのファクトリーを訪問。NSX-GTとチームスタッフたちとのご対面を果たしたのでした。この様子は既に記事化していますので、ご確認いただければと思います(HondaのRQがNSXに乗って中嶋 悟率いるNAKAJIMA RACINGに挨拶にいった)。今回はその道中、実際にNSXを運転したという話になります。

Honda/NSX

リアのドアを開けてエンジンを指さす唯さん

エンジンカバーの後ろにラゲッジスペースを用意

 2016年に誕生した2代目NSXについては、もはや多くを語ることはないでしょう。3492cc V型6気筒 直噴DOHCツインターボエンジンをミッドシップマウント。さらに3基のモーターによるハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」により、システム最高出力581馬力を達成したスーパースポーツです。

NSXと唯さん

釣り目のヘッドライトがお好きとのこと

NSXのサイドビュー

NSXのリアビュー

 NSXを目の前にした唯さんは「イケメン過ぎです! カッコいい! 最高!」と手放しに大絶賛。「こういう釣り目のヘッドライトが好きなんですよ。クルマはイケメン好きなんですよ」と満面の笑みでNSXを見つめます。「あと車高が低いのもイイですね!」とも。

サイドラジエターと唯さん

 そして車体の横を不思議そうに見る唯さん。「リアタイヤの近くにあるエアインテークもカッコいいです! 洗車がちょっと大変そうですけど」。とりあえず記念の一枚を撮ろうとすると、自然とカッコいい表情をされます。クルマが彼女を変えさせるのでしょう。撮影が終わると、サッサとドアを開けて……。

NSXのシートに座る唯さん

NSXのシートに座る唯さん

ステアリングホイール

 気づいたらドライバーズシートに着座した唯さん。「車高が低いので乗り降りしづらいのかなと思ったのですが、そんなことはないですね。普通にスッと乗れちゃいました」というわけで、乗降性は悪くない雰囲気。そして座るや「エクステリアもカッコいいですが、インテリアもイイですね!」と、カーボンとレザーからなるステアリングホイールに触れながらウットリ。「赤のレザーがまたイイですね。それにコクピット感もスポーツカーらしくてイイ!」と相当気に入ったご様子。「あとMTだったらいうことないですけれどね」と言いながらシフトパドルをカチカチするあたり、ガチのスポーツカー好きです。

 一方、久々にNSXに触れた不肖は車幅が2m近いにもかかわらず、室内はタイトなことに改めて驚いた次第。同じような車幅のスーパースポーツに触れたことはありますが、総じて狭い印象は受けるものの、ここまでタイトではなかったような。決定的なのが助手席のドリンクホルダー。「S660ならいざしらず、2000万円のクルマでコレはないだろう」とも。そしてイマドキのクルマに慣れてしまった身からすると、インフォテインメントディスプレイが小さく、そして解像度の粗さに世代を感じました。それは時代ゆえではありますが。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ