このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

確定申告事件簿 第3回

【2022年提出 確定申告】白紙や空の領収書は脱税? 税務署バレする?

2022年02月28日 09時25分更新

文● 前川亜紀 監修●高橋創(税理士) 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 人々の欲望がとぐろを巻く新宿。この街で働く人々が、確定申告時期に駆け込むのが、税理士・高橋 創が率いる髙橋創税理士事務所。開業15年目、キャバ嬢、ホスト、医師、アーティストなどあらゆる個人事業主・フリーランスの味方になり、税金の悩みに向き合い続けてきた。

 ここでは高橋創税理士の経験から得た「確定申告、あるある」を基に様々なバレに配慮し、相談者の経歴やディティールの一部を変更して紹介する。第3回目の今回は、フリーライターとして活躍する直樹さん(仮名・38歳)。勤務していた出版社を辞めて10年目となる。

相談:もらった白紙の領収書の使い方

 有名大学を卒業したのに、零細出版社の内定しか得られなかった。しかし、マスコミの仕事をしたいという一念で、深夜のサービス残業にも耐えて、ノウハウを取得したという。

 「このままじゃダメだと思って、営業しまくって、どんな依頼も受けていました。それからどんどん売り上げが上がっていき、今は1000万円を超えました」コロナ禍にも関わらず、売り上げは上がり続けた。ただ、それと共に支出も増えていき、貯金はゼロ。

 「一応、確定申告をしていています。今年は時間の余裕もあり、去年の納税額を振り返ったら、めっちゃ税金を払っているんですよ」

 そこで、確定申告の本を読み節税を試みようとした直樹さん。「今年は外食もなかったし、接待交際費が少なかったんです。そのことを知り合いの店で話したら、“白紙の領収書、あげるよ”と何枚かもらったんです。これって、どうやって使えばいいんですか? 10万円とか書いちゃっていいんですかね?

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新