このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた 第140回

スマホでAcrobatのレビューや署名依頼を進めるには?

2021年11月19日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●MOVIEW 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第140回は、スマホでAcrobatのレビューや署名依頼がきた際の対応方法について紹介する。

レビュー依頼をスマホで対応する場合はブラウザ上で操作

 Acrobat DCはPDFファイルを共有し、レビューや署名を依頼できる。依頼された方もブラウザもしくはアプリ上で簡単にレビューしたり、署名できる。PCユーザーが依頼を受けたときの操作については、「Acrobatでレビュー依頼が飛んできたらどうすればいい?(PC編)」「Acrobatで署名依頼が飛んできたらどうすればいい?(PC編)」で詳しく紹介している。今回はスマホで依頼を受けたときにどうすればいいかわかりやすく紹介する。

 レビューを依頼された場合は、ファイル共有を通知するメールが届く。文面の「開く」をタップすると、Acrobat ReaderでPDFが表示されるので、自分のアカウントでログインしてレビューすればいい。

Acrobat DCやAcrobat Reader DCからレビューの依頼を送る

依頼のメールが届く

 画面下のツールアイコンをタップし、文字を入れたりハイライトを引いたり、注釈を入力したりできる。「@」をタップすれば、共有しているユーザーにメンションすることもできる。

 レビューが終わったら、左上の戻るボタンで終了すればいい。確認ダイアログで「終了しました」をタップすると、依頼主に通知が飛ぶ。ファイルが共有されている間は、またファイルを開き、新たに注釈を加えたり、他の人の注釈に返信したりできる。

自分のアカウントでログインして「続行」をタップする

注釈アイコンを選択して、画面の任意の部分をタップするとテキストを入力できる

他の人が入力した注釈も確認できる

左上の戻るボタンをタップし、「終了しました」をタップする

署名方法は3通りから選択する

 署名の依頼が来たら、メールの「確認して署名」をタップする。PDFが開くので、「タップして署名」部分をタップ。本人確認はメールアドレスで行なっているので、ログインは必要なし。

 署名は3パターン用意されており、書類のフォーマットに応じて「入力」「描画」「画像」を使い分ければいいだろう。ちなみに、どれも署名としての効力は同じだ。

 署名を入力する際は、スマホを横にした方が操作しやすい。署名したら「適用」をタップ。「完了」をタップし、確認のポップアップでさらに「タップして署名」をタップすれば、署名が完了し、相手に通知される。

 ちなみに、署名は一度するとリンクが無効になる。再度リンクを開いても「この文書はすでに署名されています」と表示される。自分が署名した内容のコピーをダウンロードして管理したいなら、署名した後の「対応完了」画面でAdobe IDにログインすればいい。

契約書に署名を求めることもできる。無料のAcrobat Reader DCでも月に2回まで利用可能だ

「タップして署名」をタップする

テキスト入力で署名。味気ないが実はこれでも問題なし

テキストを入力したうえ、手書きで署名することもできる

署名したら、「タップして署名」をタップして送信する

Adobe IDでログインすれば、署名したファイルのコピーをダウンロードできる

印影を求められたら画像で対応できる

 印鑑を前提にした署名を求められることもある。メールの「確認して署名」をタップしてPDFを開き、署名部分をタップ。「画像」タブを開き、「画像を選択」をタップ。印影の画像があるなら、「写真ライブラリ」や「ファイルを選択」をタップし、読み込めばいい。

 画像がないなら、その場で撮影しよう。適当な白い紙にハンコを押し、「写真を撮る」で撮影すればいい。画像の選択や背景の除去などは不要。自動的にハンコを認識して、PDFに挿入できるのだ。

 プレビューではアイコンが邪魔で変形しているが、実際にはきちんと押印されているので安心しよう。後は、「完了」をタップして送信すればいい。

押印部分をタップする

「写真を撮る」を選択する

紙に押したはんこを撮影する

自動的にハンコ画像が挿入される

プレビューは変形しているが、実際は問題ないので、「完了」をタップ

スマホだけでも、申請書類に押印で署名ができた

 以上が、スマホでPDFのレビューや署名を求められた時の操作となる。サクッと処理できるので、隙間時間に仕事を進められる。今後、はんこを押すためだけに出社したり帰社するようなことは時代遅れとなるだろう。

 無料のAcrobat Reader DCでもAdobe Signの署名機能を月に2回まで利用できる。まずは電子サインとスマホで署名することの便利さを体感して欲しい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

目からウロコのPDF使いこなし術【アクロバット連載100回記念放送】