このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説 第120回

SIMロック原則禁止 スマホ値下げ競争に期待持てるが、キャリア独自スマホはなくなりかねない

2021年08月23日 09時00分更新

文● 石川温 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 総務省は8月10日に「移動端末設備の円滑な流通・利用の確保に関するガイドライン」を改訂。これにより、2021年10月1日以降に発売される端末について、SIMロック状態で販売することが原則禁止となる。すでにソフトバンクは「Leitz Phone 1」において、SIMロックをかけずに販売しはじめている。

 SIMロック状態での販売が原則禁止にされることで、注目されそうなのが、キャリアショップとMVNOの両方を手がける店舗だ。

 大手ショッピングモールのイオンでは、これまでも3キャリアのショップとMVNOであるイオンモバイルの両方を同じ売り場で展開している。

 イオンモバイルは今後、キャリア専用スマホとMVNOのSIMカードをセットにした販売を推進するとした。

 つまり、これまでキャリアでしか購入できなかったサムスン電子の「Galaxy」シリーズや、なぜかキャリア向けが販売されてからしばらく月日が経たないとSIMフリーモデルが登場しないソニー「Xperia」シリーズなどが、キャリアの発売日からSIMフリーで購入でき、さらにイオンモバイルのSIMカードと組み合わせて利用できるようになるというわけだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン