このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新パーツ性能チェック 第350回

高解像度ゲーミングの強い味方!

旧世代GPU&AMD"FSR"で「バイオハザード ヴィレッジ」を試してみた

2021年08月01日 13時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フルHD解像度

 WQHD出力でも低下が目立った画質は、フルHD出力でさらに低下している。いくらフレームレートが向上すると言っても、プレイに耐えられない画質になってしまう。あくまでも4K、WQHD解像度での快適なゲーミングを目指す際に使うのが良いだろう。

フルHDでの差

村中、フルHD解像度、FSR オフ

村中、フルHD解像度、FSR Ultra Quality

村中、フルHD解像度、FSR Quality

村中、フルHD解像度、FSR Balanced

村中、フルHD解像度、FSR Performance

フルHDでの差

城内、フルHD解像度、FSR オフ

城内、フルHD解像度、FSR Ultra Quality

城内、フルHD解像度、FSR Quality

城内、フルHD解像度、FSR Balanced

城内、フルHD解像度、FSR Performance

(C)CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.

フレームレートは確実に向上、画質と相談しながら設定しよう

 各解像度、FSRのモード時のフレームレートを確認していこう。計測は負荷の高い村中を60秒間移動した際の数値を「CapFrameX」で記録。平均フレームレートと最小1%(パーセンタイル点)をまとめている。

バイオハザード ヴィレッジ フルHDのフレームレート(単位:fps)

バイオハザード ヴィレッジ WQHDのフレームレート(単位:fps)

バイオハザード ヴィレッジ 4Kのフレームレート(単位:fps)

 画質はともかく、フレームレートは確実に向上しており、WQHD解像度では50.1fpsだった平均フレームレートが「Ultra Quality」で、平均68.9fpsまで伸びている。さすがに4K解像度で60fpsオーバーを実現するには、モードを「Performance」にする必要があったが、3世代前のGPUとなるRadeon RX 580で4Kゲーミングが可能になるのは、なかなか興味深い。

 フレームレートの伸びは、ゲームタイトルはもちろん、CPUやGPUで異なってくると思われるが、ここでは4K、「Performance」で最大で約2.5倍、「Balanced」で約2倍程度の向上を確認しているので、かなり期待できそうだ。

FSRで旧世代GPUを延命、4K、WQHDゲーミングを楽しもう

 なかなか買い換えに踏み切れない価格になっているビデオカード。今後も大幅な値下がりは期待薄だけに、手持ちの前世代GPU搭載ビデオカードを有効に活用できる「FidelityFX Super Resolution」は、魅力的だ。

 とりあえずビデオカードはそのままに、4K、WQHD対応の液晶ディスプレーにアップグレードして、高解像度ゲーミングを楽しむのもありかもしれない。なお、近いところでは「FAR CRY6」(10月7日発売予定)も対応する予定なので期待したい。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中