このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第350回

高解像度ゲーミングの強い味方!

旧世代GPU&AMD"FSR"で「バイオハザード ヴィレッジ」を試してみた

2021年08月01日 13時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

FSRの画質とパフォーマンスをチェック

 「FidelityFX Super Resolution」のモードによる画質の違いと、パフォーマンスを確認していこう。 モードは4種類で、元の画質に近い品質が得られる「Ultra Quality」、フレームレートの向上を図りながら、元画質に匹敵する品質を実現する「Quality」、元画質に近い画質を生成しながら、「Quality」を超えるフレームレートの向上を実現する「Balanced」、フレームレートは大きく向上するが、画質への影響が非常に大きい「Performance」になる。それぞれのモードで解像度は以下の通りになる。

各モード使用時の入力画像サイズ
  4K出力
(3840×2160ドット)
WQHD出力
(2560×1440ドット)
フルHD出力
(1920×1080ドット)
Ultra Quality
(1.3倍拡大)
2954×1662ドット 1970×1108ドット 1477×831ドット
Quality
(1.5倍拡大)
2560×1440ドット 1706×960ドット 1280×720ドット
Balanced
(1.7倍拡大)
2259×1270ドット 1506×847ドット 1129×635ドット
Performance
(2倍拡大)
1920×1080ドット 1280×720ドット 960×540ドット

 まずはバイオハザード ヴィレッジの村中と城内の2つのシーンを使用し、4K、WQHD、フルHD解像度で、FSRのモードごとにスクリーンショットを確認していこう。

4K解像度

 入力解像度が、そこそこ高いとは言え、全体的に画質は甘くなり、城内の階段途中にある手すりや、奥の扉上にある蝋燭の火のなど、元画質に近い「Ultra Quality」と「Quality」でも、その違いは大きい。

4Kでの差

村中、4K解像度、FSR オフ

村中、4K解像度、FSR Ultra Quality

村中、4K解像度、FSR Quality

村中、4K解像度、FSR Balanced

村中、4K解像度、FSR Performance

4Kでの差

城内、4K解像度、FSR オフ

城内、4K解像度、FSR Ultra Quality

城内、4K解像度、FSR Quality

城内、4K解像度、FSR Balanced

城内、4K解像度、FSR Performance

WQHD解像度

 「Ultra Quality」モードでも、入力画像が1970×1108ドットと低いため、全体的にボケており、村中では生い茂る樹木の描画に顕著に表れている。また、城内のソファなどの描画も、かなり甘くなっているのがわかる。

WQHDでの差

村中、WQHD解像度、FSR オフ

村中、WQHD解像度、FSR Ultra Quality

村中、WQHD解像度、FSR Quality

村中、WQHD解像度、FSR Balanced

村中、WQHD解像度、FSR Performance

WQHDでの差

城内、WQHD解像度、FSR オフ

城内、WQHD解像度、FSR Ultra Quality

城内、WQHD解像度、FSR Quality

城内、WQHD解像度、FSR Balanced

城内、WQHD解像度、FSR Performance

(C)CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中