このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第141回

アップル新型「iMac」に驚かされたがミニLED版も期待してしまう #AppleEvent

2021年04月21日 14時00分更新

文● 松村太郎 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●期待してしまうディスプレーの刷新

 驚くべき軽さ、薄さを実現するiMac 24インチ。デスクトップでありながら、家の中でモバイルできてしまう、そんな新しい提案性が生まれるかもしれません。そういう点で、置き場所や使うシチュエーション、色選びなど、ついつい楽しくなってきてしまうのですが、ちょっと待ってください。

 少しためらう自分がいました。

 同時に登場したM1搭載のiPad Pro 12.9インチの存在です。別の記事で詳しく述べますが、iPad ProにはミニLEDバックライトを搭載したLiquid Retina XDRディスプレーを採用し、HDRコンテンツの再生や編集をサポートしました。

 1万個のLEDバックライトを2500エリアに分割して制御することで液晶ディスプレーでも高コントラスト比を実現するアイデアです。しかも6.5mmの薄さでこれを実現していることを考えると、11.5mm厚のiMacでできないはずがないと思ってしまうのは考えすぎでしょうか?

 低価格で攻めるiMac 24インチにそれが適用されるのはまだ先の話になりそうですが、MacBook Proの上位モデルや、27インチiMacのリプレイス版で、ミニLEDが実装される可能性があるなら、もう少し待ってみても良いかも、と……。

 

筆者紹介――松村太郎

 1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中