このページの本文へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第141回

アップル新型「iMac」に驚かされたがミニLED版も期待してしまう #AppleEvent

2021年04月21日 14時00分更新

文● 松村太郎 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●厚さ11.5mmのディスプレーが浮いている

 新しいiMacは全部で7色展開となりました。このうち、7コアGPUのM1を搭載するモデルはブルー、グリーン、ピンク、シルバーの4色。8コアGPUのM1を搭載するモデルについては、アップルオンラインストアもしくは直営店限定で、イエロー、オレンジ、パープルも選択できます。

 これまでアップルは、アルミニウムそのままの色、あるいは少し暗めのスペースグレーでMacを展開してきました。しかしここに来て、iPhoneとともにiMacもカラーバリエーションを増加させました。

 パンデミックから世界中がだんだん復帰しはじめようというタイミングで、家や職場におくパーソナルコンピュータをカラフルに彩り、寄り前向きな気持ちでニューノーマルの生活をリスタートして欲しい、というメッセージが込められているようでもあります。

 ディスプレーサイズは21.5インチから24インチに拡大され、解像度も4Kから4.5K、4480×2520ピクセルとなりました。しかしカラフルさや画面の拡大よりも驚かされるのは、横から見た際の薄さです。

 わずか11.5mmしかなく、MacBook Airの厚さ16.1mmより5mmも薄くなっているのです。同時に発表されたApple TV 4Kに付属する新しいSiri Remoteの厚さは9.25mm。手に握るデバイスと差ほど厚さが変わらないことを考えると、新しい大きなデスクトップコンピュータの薄さがどれだけ「意味不明」なことになっているか、想像がつきます。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中