このページの本文へ

無観客イベントになったのが本当にもったいないと思えたイベント

プロの真剣勝負も爆笑のエキシビジョンも、楽しすぎたレインボーシックス フェスティバルレポート(前半)

2020年03月16日 17時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2019年のプロシーンを振り返る
問題難しすぎた絵心フェスティバルも

「2019年 R6S振返り&絵心フェスティバル」を実施。キャスターのふり~ださん、Okayamaさん、のりおさん、CYCLOPS Athlete GamingのGatoRada.CAG選手、BlackRay.CAG選手、令和ゲーミングの017さんが登場

 続いて、フェスティバルらしい余興的なコーナーである「2019年 R6S振返り&絵心フェスティバル」を実施。キャスターのふり~ださん、Okayamaさん、のりおさん、CYCLOPS Athlete GamingのGatoRada.CAG選手、BlackRay.CAG選手、令和ゲーミングの017さんが登場した。

 前半では、2019年のプロシーンの中でキャスターの3人が印象に残った回を紹介。ふり~ださんは、2019年に常滑で開催された「レインボーシックス プロリーグ シーズン10 ファイナル in Japan」で、Natus Vincere対Wildcard Gamingで起きた1v4クラッチのシーン、国内大会で令和ゲーミングの選手がピンに気付かずキャスターが「右右右!」と叫んだシーン、Six Invitational 2019で、野良連合がベスト4を決めた瞬間、野良連合のWokka選手がモンターニュで封殺したシーンを挙げた。

Natus Vincere対Wildcard Gamingで起きた1v4クラッチ

野良連合がベスト4を決めた瞬間

 Six Invitational 2019のシーンについてふり~ださんは「普段は状況描写を心がけて実況していますが、このシーンは感情も高まってまったく実況できませんでした」と、当時の心境を語った。

2019年の振り返りをするふり~ださん

 キャスターでトーナメントディレクターもつとめるOkayamaさんは、プロリーグ シーズン10 ファイナル in JapanのDarkZero Esports対FaZe Clanの対戦で、マエストロのガジェットを上手く使った1v3クラッチのシーン、国内大会でCYCLOPS Athlete GamingのGatoRada.CAG選手がハイド位置がバレていたにも関わらず撃ち勝ったシーン、G2 ESPORTS対BOS ESPORTSでの1戦を挙げた。

DarkZero Esports対FaZe Clanの対戦

振り返りにも登場したGatoRada.CAG選手のシーンも

 G2 ESPORTS対BOS ESPORTSのシーンについてOkayamaさんは「キルログの流れるスピードを観てもらえればわかりますが、状況の変化がすさまじく速かったので、噛まずに実況できた自分もほめてあげたいです」と語った。

G2 ESPORTS対BOS ESPORTSのシーン

 のりおさんは、野良連合対FAV GAMINGでMerieux.nR選手が銀行でしれっとサーバー階段を制圧したシーン、Six Major Raleigh 2019の野良連合の試合で貴族さんが代打で出場した際に、誤ってプレー中にテキスト入力してしまった回を挙げた。

誤ってプレー中にテキスト入力が

 Merieux.nR選手がサーバー階段を制圧したシーンについてのりおさんは「ガジェットを使わずに制圧していたので驚いたのですが、あとでなぜ使わなかったか聞いてみたら、使うの面倒だったと帰ってきて驚きました」と語った。それに対しふり~ださんが「プロだよね?」とツッコミを入れていた。

GatoRada.CAG選手選手もたまにガジェット使うの面倒だと思うことがあるという。撃ち合いに強く自信もあるゆえのコメントだろう

 絵心フェスティバルでは、2人が描いた絵を2人が当てるというルールで実施された。絵が得意というGatoRada.CAG選手とBlackRay.CAG選手、017さんなどが絵を披露。それぞれ特徴的な絵で困惑を招いたが、それ以前にお題が難しすぎることにツッコミが入っていた。

のりおさんとGatoRada.CAG選手がお題の絵を描いた

これはいったい…

正解はアッシュのブリーチング弾

BlackRay.CAG選手もお絵かき

お題が難しすぎる!

017さんはさすがといえる絵を拾う

全員にツッコミを受けるOkayamaさん

難しすぎ!

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ