このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マクラーレン・セナも全開走行! 「ATTACK TSUKUBA 2020」レポ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最大のライバルは自分自身!
1/1000秒をめぐるギリギリの戦い

 モータースポーツというと、サーキットで複数台のクルマが同時に走っていち早くゴールするレース形式をまず最初にイメージするかと思います。しかし近年は、1周の最速タイムを競うイベントも人気を集めています。

 この時の最大のライバルは自分自身。ゲームでいう最速クリアタイムと同じです。見えない自分自身を追いかけたり、追われたりという、とてつもないプレッシャーがかかる競技なのです。

 そんなたった1周の為に作り上げたマシンとドライバーのテクニックのコラボレーションは、レースに勝るとも劣らない熱さがあります。

 今回取材させてもらったのは、茨城県にある筑波サーキットで開催された「ATTACK TSUKUBA 2020」。日本最大級のチューニングカーによるタイムアタックイベント・ATTACKが主催しています。

 筑波サーキットは「タイムアタックの聖地」と呼ばれており、チューニングカー雑誌による企画から日本中のチューニングショップ、メーカーが集結しお互いのマシンの完成度を競う場となりました。

 今回も日本全国から様々な趣向を凝らしたマシンが集まりました。

「音速の貴公子」の名を与えられた
スーパーカーが参戦!

 参加マシンは、街乗りレベルからタイムアタック専用に徹底的なチューニングがされたものまで多種多彩。タイムアタックの速さに求められるのは、クルマの大原則である「走る・曲がる・止まる」が非常に高いレベルでバランスが取れていることです。

このマシンはホンダ・シビックをベースにした「ASLAN TON」。この日のベストタイムは57秒140

 タイムアタック専用マシンを見ると信じられないほど巨大なウィングをはじめとしたエアロパーツが取り付けられています。空気の力を最大限利用し、マシンをコースに押し付けるのです。これによって200km/h超えるスピードまで安心してアクセルを踏めるだけではなく、迫りくるコーナーに向けて一気に減速するときもマシンが安定し、より速いコーナリングが可能になります。

カーボンボディーやエンジン搭載位置をぎりぎりまで低く、かつ後ろに持っていったこの「クマモッカー死に損ないレビン@CBY」は58秒225を記録した

 ちなみに参加しているすべてのマシンに装着されるタイヤは「ラジアルタイヤ」と呼ばれる一般公道で走行できるもの。その中でも、グリップ力がもっとも高いものを装着しており、タイヤの性能を使い切れるかでタイムも大きく変わります。

 そんなモンスターマシンの中にひときわ異彩を放っているマシンが1台。

 世界最速のモータースポーツ・F1に長年参加している英国の自動車メーカー・マクラーレンが世界限定500台生産したスーパーカー、「音速の貴公子」とよばれたアイルトン・セナの名前を授けられた「マクラーレン・セナ」が今回参加しました。

 セナは、れっきとしたロードカーで公道も走れます。ですが、その中身はレーシングカーと何ら変わらない速さを追求したもの。

とても市販車にみえない大きな可変ウィング。3本のマフラーは温度が上がると青白い炎を出しながら加速していくことも

 真っ先に目につくリアの大型ウィングは、減速時にせり立つことでブレーキ効果と安定性を発揮します。低く作られたボディーは、長年のF1参戦で得たノウハウが生かされており、スピードが出るほど安定感が増してドライバーはよりアクセルを踏み込めます。

すべてのセナがフルオーダーメイドになるので、この個体はかつてセナ自身が乗っていたマルボロカラーのホンダF1をイメージしたカラーリング。ヘッドレストにはセナのヘルメットの刺繍が施されている

 カーボンで一体成形されたモノコックは、高い剛性と軽量化を両立したマクラーレンがもっとも得意とする技術です。

 車内は、サーキット走行を想定したものとなっておりドライビングポジションは、シートではなくペダルで調整します。搭載されているエンジンは4.0リッターV8ツインターボで800馬力を発揮、ミッションはF1の技術がフィードバックされた2ペダルの7速で、ハンドル裏のパドルでゲームのように素早いシフトチェンジを実現しています。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ