このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第570回

本命 Android版 E Inkデジタルペーパータブ「BOOX Max 3」を衝動買い

2020年02月28日 12時00分更新

文● T教授、撮影●T教授、編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

筆者が初めて使ったAndroid搭載の電子ペーパー「BOOX Max 3」。ソニーの初代デジタルペーパーから、第二世代になって、クラウドサービスへのダイレクト接続ネットワーク機能や周辺外部機器へのデータ交換機としてのmicroSDのなくなった時のがっかり感と後退感が、今回のBOOX Max 3で一気に解消された清々しい感じだ

 筆者は今から5年前にソニーのデジタルペーパーである「DPT-S1」を衝動買いしてしまった。それ以降、2018年3月にその後継モデルである「DPT-RP1」、そして2019年11月に軽量な富士通クアデルノ「FMV-DPP04」の2世代に渡って3機種をずっと使ってきている。

 思い起こせば初代ソニーのデジタルペーパーが筆者的には一番お好みだったが、なぜか第二世代になってからは、それまで企業向けクラウド共有サービスの「BOX」だけと連携できたクラウド直結機能もなくなり、一見して明らかに退化しているように感じた記憶がある。詳細は過去のコラムをご覧いただきたい。

 雰囲気的には、セキュリティーか何かの観点から独自OSを採用し、法人市場にフォーカスしたイメージの商品であったため、クローズドアーキテクチャーとしてより閉じこもってしまった印象だった。

 どうも昔から日本の法人市場向けの商品は、クローズドアーキテクチャーでネットワーク時代にも関わらず、他者とのコネクティビティーの悪さがセキュリティーを保つ最高の手段であるというのが自慢のようで、コンシューマーユーザーとしてはいつも本当にイライラしてしまう。

 そんなデジタルペーパーの世界も機が熟したのか、ソニーのデジタルペーパーとほぼ同じスペックの富士通クアデルノが、昨年コンシューマー市場にフォーカスして登場してきた。スマホとの連携を強化したアプリを登場させたり、今や社会の常識となったクラウドサービスとの連携をパソコンを介してできるように改善し、手段を提供するなど、なんとかコンシューマー市場のパーソナルな要求に応えてきた。

BOOX Max 3は同シリーズの中では、13.3インチのE Inkを搭載した最高位機種だ

 しかし、実際にこれらの製品を買って使ってみると独自OSによる「残念感」を感じてしまう。そんなことを考えていた矢先に「Palm Phone」や「TCL PLEX」、「Blackberry Key 2」などの販売を手掛けているFOXから、大型13.3インチE Inkペーパーを搭載したAndroidの「BOOX Max 3」が登場した。

 早速手に入れて使ってみたので、従来のデジタルペーパー製品との比較も含めご紹介したい。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン