このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

新車を買った情報2019 第39回

マツダ ロードスターRF納車から1年でわかった良い点悪い点

2019年12月29日 12時00分更新

文● 四本淑三、編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

不安は坂道と春先の路面

 ただ、坂道だけは別。トラクションがかからず、登れないのはFRの宿命。そう考え、勾配のきつい坂道、日陰で凍結しやすい坂道を避けて走っていたのですが、今年はどれくらい行けるのか少しずつ試してみよう。そう思っていたら、去年以上に雪が降りません。

 そのうち帳尻を合わせるようにドカンと降るのだとすれば、次なる敵は春先の雪解けであります。市街地の道路もラリーコースのように凸凹になって、走りにくいだけでなくサスペンションやボディーに余計な負荷がかかる。なにしろオープンカーで剛性が足りていませんから不安です。

 ワンシーズン使ってまだ「ヤレた」印象はありませんが、果たして来年は降雪量も含めてどうなるのか。それで私はラリーカーのベース仕様であるヤリスGR-4が気になっているわけであります。12ヵ月の間に2500台を売らなければホモロゲーションを取れませんから、我々にも手の届く現実的価格で出てきてしまいそうな気が……。

 と、あれこれ気にしつつも、今年はこれでおしまい。来年は「買ってそれなりに時間がたった車の情報2020(仮)」のようなものでお会いしましょう。それではみなさま、良いお年を。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ