このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第423回

アナリストの予測:

iPhone 12、同梱品でAirPodsかEarPodsを選択可能に?

2019年12月28日 20時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが2020年に発売するiPhone 12では、同梱するイヤフォンをAirPodsかEarPodsを選べるようになる。台湾メディア工商時報が12月19日に報じた。

 同紙はJPモルガンのアナリストの予測として、アップルはAirPodsをオプションとしたバンドル販売戦略を始めると伝えている。

 AirPodsを同梱する理由としては、優待価格で販売することでAirPodsの普及率を高めること、すでに爆発的な人気となっているAirPodsの勢いを利用することが挙げられている。

 お得な価格でAirPodsを入手できるとすれば、まだ持っていないユーザーやよく落としてしまうユーザーにとってバンドル販売は魅力的な選択肢になりそうだ。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中