このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第407回

ミニLED搭載:

新型iPad Pro、2020年発売は後半に?

2019年12月09日 22時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは2020年後半にミニLEDディスプレーを搭載したiPad Proを発売する。アップル関連の著名アナリスト、ミン=チー・クオ氏がその予測を12月2日に発表した。

 同氏によると、アップルは2020年後半にミニLEDディスプレーを搭載した新型iPad Proを、2021年前半までにかけて同ディスプレーのMacBook Proを発売する計画があるという。

 ミニLEDは従来のLEDと比較して小さいためより多くの数を搭載でき、その結果明るく鮮明な映像を表現できる。また、薄型化も可能になり、有機ELディスプレーで問題となっていた画面の焼き付きの影響も受けにくいとされる。

 クオ氏は、アップルが今後3年以内に4~6台のミニLED搭載デバイスを発売すると予想している。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中