このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第176回

2社連合の「スーパーアプリ」に期待:

ヤフーLINE統合のメリットは

2019年11月20日 16時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■独占への規制、対抗勢力も気になる

 このように両社の統合はいろいろと夢が広がる部分もある一方で、懸念も出てきています。政府による規制という点では、単に独占的なシェアを持つ企業が誕生するだけでなく、GAFAなど特定の企業にデータが集まりすぎることを警戒する「データの独占」の点からも、厳しい目が向けられそうです。

 また、2020年10月の統合完了までは約1年間を要し、その間にも世界は大きく変わっていくはずです。両社は統合完了までの間、まずはライバルとして競争を続けるとの方針を出しています。しかし統合後を見据えて調整しなければ、ムダや手戻りが生じる恐れもあります。

 対抗勢力の動きも気になるところです。3大キャリアの一角であるソフトバンクとLINEがつながり、うまく統合が進んでシナジーを発揮されてしまうと、他のキャリアやインターネット企業にとっては目の上のこぶのような存在になるでしょう。

ソフトバンクグループにLINEが加わることで、他の勢力に影響も

 経営統合が終わるまでの1年間は、ヤフー・LINE連合に対抗するブランドを立ち上げる最後のチャンスになるかもしれません。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン