このページの本文へ

「LINEスキマニ」発表

LINEがギグワーク(単発雇用サービス)市場に参入

2020年11月12日 17時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LINEは11月12日、企業とユーザーの「スキマ」時間をマッチングする求人サービス「LINEスキマニ」を発表。ギグワーク(単発雇用サービス)市場に参入する。2021年2月24日より提供開始予定。

 新しい働き方を実現するためのソリューションとして提供し、コミュニケーションプラットフォームであるLINEが企業と働き手のニーズを繋ぐことを目的とする。雇用形態に囚われず、「時間」に対しての対価の支払いに加え、「ユーザーのスキルを活かした価値」に対しても評価がなされる「PAY FOR TIME+VALUE」の実現に向け、隙間時間の有効活用をサポートするという。

 一定数の企業との運用を2021年2月24日よりソフトローンチ。ユーザーと企業の「評価データによるマッチング」などの機能を実装し、2022年春の本格提供開始を目指す。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン