このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所第167回

なんだかんだ売れそうな気配:

アップルiPhone 11「半額」にも期待

2019年09月12日 09時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月10日(現地時間)、アップルが「iPhone 11」や「第7世代iPad」、「Apple Watch Series 5」などの新製品を発表しました。

 日本では真夜中に始まりますが、IFA開催中のドイツ・ベルリンでは19時開始ということもあり、同業者のライター陣と一緒にツッコミを入れながらライブ配信を楽しみました。

■iPhone XR後継の「iPhone 11」が主力機に

 世界的なシェアではAndroidに押されがちなiPhoneですが、その中でもよく売れているとされるのがiPhone XRです。上位モデルであるiPhone XSの陰に隠れ、どうしても廉価版のイメージがありましたが、今年は後継機種「iPhone 11」がアップルの主力機に抜擢されました。

 このネーミングからは、「iPhoneが欲しい人は、まずiPhone 11を手に取ってほしい」というアップルのメッセージを感じられます。iPhone XRの発表とは異なり、今回はまず最初にiPhone 11が紹介され、多くの時間が割かれました。

 価格が下がったことも注目です。iPhone 11の価格は米国で699ドル、日本では7万4800円(税別、SIMフリー版)と、iPhone XRに比べて米国で50ドル、日本では1万円下がっています。為替の円高傾向も相まって日本での値下げ幅が大きいようです。

 この値下げにより、「iPadとの2台持ち」がしやすくなると筆者は見ています。今回発表された第7世代iPadは、3万4800円からという低価格でありながらSmart Keyboardに対応したこともあり、手が届きやすくなりました。

第7世代iPadはついにSmart Keyboardに対応

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン