前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

GIGABYTE「X570 AORUS XTREME」

GIGABYTEは第3世代Ryzen対応マザーの大本命

文●松野将太 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 販売開始から1ヵ月が経過したAMDの第3世代Ryzenだが、相変わらずセールスは好調の様子だ。すでに情報が出揃ってきたため、そろそろ購入しようという人も少なくないと思うが、それでも悩ましいのがマザーボード選びだろう。

 新チップセット「X570」を搭載したマザーボードがすでに各社からリリースされているのはもちろん、第3世代Ryzen自体は従来のX470やB450チップセット搭載マザーボードとも(BIOS更新により)組み合わせられるため、その選択肢は多岐にわたる。

 とはいえ、Ryzen 7 3700X以上のハイエンド帯CPUと組み合わせることを考えれば、最新のX570マザーをチョイスするユーザーが多いはずだ。この世代のマザーボードは、VRM周りのフェーズ数の増加、冷却への注力といった点で、旧世代製品より豪華な設計を採用しているのがひとつの特徴と言える。

 また、X470やB450搭載の一部マザーボードでは、4000MB/秒超えの転送速度を実現するPCIe 4.0対応SSDが動作するものの、あくまで正式サポートされているのはX570マザーのみ。予算に余裕があり、今から長く使うことを考えるのであれば、X570マザーボードを選ぶのは良い選択だろう。

GIGABYTE「X570 AORUS XTREME」。実売価格は9万5000円前後

 実際、第3世代Ryzenの発売日にとくに売れ行きが良かったのがGIGABYTEのX570マザーボードだ。これは秋葉原のショップとGIGABYTEに確認しているので間違いない。

 そこでこの記事では、GIGABYTE製のハイエンドマザー「X570 AORUS XTREME」のサンプル製品をもとに、外観や機能、ベンチマーク結果などをじっくり紹介していこう。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月