「AORUS FI27Q-P」「AORUS FI27Q」

GIGABYTE、165Hz駆動/応答速度1msの27型ゲーミングディスプレー

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「AORUS FI27Q-P」「AORUS FI27Q」

 日本ギガバイトは4月17日、27型ゲーミングディスプレー「AORUS FI27Q-P」および「AORUS FI27Q」の2製品について、日本での取り扱いを開始すると発表した。国内正規代理店を通じて、4月24日より発売する。

「ハヤブサが獲物を狙いダイブするイメージ」という背面デザイン

 AORUS FI27Q-Pは、27型のフレームレスディスプレー。解像度はQHD(2560×1440ドット)、応答速度は1ms(MPRT)、リフレッシュレートは165Hzで、IPSパネルを採用する。視野角は178度で、10ビットカラー(8bit+FRC)、DCI-P3規格カバー率95%、VESA認定のDisplayHDR 400規格を満たす性能を備える。想定価格は9万640円。

 AMD Radeon FreeSync Premiumテクノロジー、NVIDIA G-SYNC compatibleにも対応しており、ゲームやビデオの再生中にかたつきやティアリングを気にすることなくコンテンツを楽しめるという。さらに、DisplayPort HBR3(High Bit Rate 3)をサポートする。

 背面は、ハヤブサが獲物を狙いダイブするイメージを基にしたデザインを採用。目と翼に当たる部分にはデジタルRGB LEDを使用しており、GIGA-BYTEのライティング規格「RGB Fusion 2.0」により自在にカスタマイズできる。スタンドの上部にハンドルを、下部にケーブルをまとめるための穴を備える。

 本製品はゲームに戦術的な優位性を与えるという独自機能を備えている。画像の暗い部分を明るく表示する「ブラックイコライザー2.0」、FPSゲームの射撃による映像ブレを軽減する「エイムスタビライザー」、照準線やカウンターの表示やマルチスクリーンをサポートする「ゲームアシスト」、マウスDPIやGPU/CPUなどのハードウェア情報を直接画面に表示できる「AORUSダッシュボード」、ディスプレー調整機能「OSDサイドキック」、マイク使用時に周囲の音を入りにくくする「アクティブノイズキャンセリング2.0」などを搭載。

 AORUS FI27Qは、AORUS FI27Q-Pの機能をすべて搭載するが、DisplayPort、ブラックイコライザー、アクティブノイズキャンセリングにおいて、一つ前のバージョンを搭載している。想定価格は7万4800円。

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月