ギガバイト、AMD X570チップセット搭載マザーボードを一斉発売

文●高橋佑司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ギガバイトは7月7日、AMD X570チップセットを搭載したマザーボード5製品を国内で発売すると発表した。

 「X570 AORUS MASTER」「X570 AORUS PRO」「X570 AORUS ELITE」「X570 I AORUS PRO WIFI」は7月7日に、「X570 AORUS XTREME」は7月12日に発売する。

 X570 AORUS MASTERは、PCゲーミング向けの各種独自機能を備えた、ATX規格の最上位モデル。

 拡張スロットは、PCI Express 4.0 x16、x8、x4、x1を1基ずつ備える。M.2はヒートシンク付きを3スロット搭載。ネットワークはRaltek製の2.5Gbps LANとインテル製のギガビットイーサ。無線は802.11ax(Wi-Fi 6)とBluetooth 5に対応する。

 対応メモリーはDDR4(4スロット/最大128GB)。USBポートは、USB Type-C×2、USB 3.1×9、USB 2.0×8。想定価格は5万円前後。

 X570 AORUS PROは、ATX規格の上位ゲーミングモデル。

 PCI Express 4.0スロットは、x16、x8、x4がそれぞれ1基で、x1が2基。M.2はヒートシンク付きを2スロット備える。ネットワークはインテル製のギガビットイーサ。

 対応メモリーはDDR4(4スロット/最大128GB)。USBポートは、USB Type-C×2、USB 3.1×9、USB 2.0×8。ディスプレー出力はHDMI 2.0(HDCP 2.2対応)を搭載する。想定価格は3万円前後。

 X570 AORUS ELITEはコストパフォーマンスの良さをうたったATX規格のエントリーモデル。

 PCI Express 4.0スロットはx16、x4がそれぞれ1基、x1が2基。M.2はヒートシンクあり/なしをそれぞれ1スロットずつ装備する。ネットワークはインテル製のギガビットイーサを搭載。

 対応メモリーはDDR4(4スロット/最大128GB)。USBポートは、USB Type-C、USB 3.1×10、USB 2.0×8。ディスプレー出力はHDMI 2.0(HDCP 2.2対応)を備える。想定価格は2万4000円前後。

 X570 I AORUS PRO WIFIは、Mini-ITX規格のゲーミングモデル。

 PCI Express 4.0スロットはx16が1基。M.2はヒートシンクあり/なしを1スロットずつ揃える。ネットワークはインテル製のギガビットイーサを搭載。無線は802.11ax(Wi-Fi 6)に対応する。

 対応メモリーはDDR4(2スロット/最大64GB)。USBポートは、USB Type-C、USB 3.1×7、USB 2.0×2。ディスプレー出力はHDMI 2.0×2、DisplayPort 1.2。想定価格は3万2000円前後。

 X570 AORUS XTREMEは、E-ATX規格のフラッグシップモデルとのこと。

 PCI Express 4.0スロットはx16、x8、x4がそれぞれ1基。M.2はヒートシンク付きが3スロット。ネットワークは、Aquantia製の10Gbps LANとインテル製のギガビットイーサ。無線は802.11ax(Wi-Fi 6)とBluetooth 5に対応する。

 対応メモリーはDDR4(4スロット/最大128GB)。USBポートは、USB Type-C×2、USB 3.1×11、USB 2.0×6。想定価格は9万5000円前後。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月