前へ 1 2 次へ

CES 2020レポート

165Hzの32型湾曲ディスプレーや水冷外付けGPUボックスなどをGIGABYTEがCESにて公開

文●本間 文 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTE Technologyは、CES 2020において会場近くのホテルにプライベートスイートを設置。GIGABYTEブランドで展開を計画中の新しいディスプレー製品や、世界初(同社調べ)となる水冷機構を採用した外付けGPUボックスなどの新製品を、パートナーやメディア向けに公開した。

GIGABYTEブランドでもゲーミングディスプレーを展開

 GIGABYTEは、昨年AORUSブランドでゲーミングディスプレー市場に参入したが、今回CESで公開されたのは、ゲーマーだけでなく一般ユーザーもターゲットにしたGIGABYTEブランドのディスプレーシリーズだ。

 そのフラグシップモデルとなる「G32QC」は、Samsung製の曲率1500R 32型VAパネルを採用し、映像入力にType-Cを搭載するとともに、ディスプレー内にキーボード、ビデオ、マウスの切り替えを可能にするKVMスイッチ機能を統合。ノートPCやスマートフォンを接続したときにも、ディスプレーに接続したキーボードやマウスが利用できるようになる。

 同社のプライベートブースでは、この特徴を活かして、PUBG MOBILEを32型ディスプレーに表示させ、キーボードとマウス操作でプレイするデモも披露された。

 G32QCは、最大リフレッシュレート165Hz、最大レスポンスタイム1msで、WQHD(2560×1440ドット)表示をサポート。DCI-P3カバー率90%を実現するとともに、VESA DisplayHDR 400準拠のHDR表示にも対応し、AMD FreeSync Premium ProとG-SYNC認証も取得済みだという。

 また同社は、同じくリフレッシュレート165Hz、レスポンスタイム1ms、WQHD解像度で、1500Rの27型VAパネルを採用した「G27QC」と、フラットタイプの27型IPSパネルを採用し、リフレッシュレート144Hz、レスポンスタイム1msのフルHD(1980×1080ドット)モデル「G27F」をラインナップする。

フラグシップモデルとなる32型QHDモデルの「G32QC」には、KVMスイッチ機能も統合される

スマホの画面をG32QCに出力するだけでなく、同ディスプレーに接続されたキーボードとマウスでPUBG Mobileをプレイするデモも披露

1500Rの27型曲面パネルを採用したQHDモデルの「G27QC」

フラットタイプの27型フルHDディスプレー「G27F」

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月