このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CES 2020レポート第35回

165Hzの32型湾曲ディスプレーや水冷外付けGPUボックスなどをGIGABYTEがCESにて公開

2020年01月10日 19時15分更新

文● 本間 文 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTE Technologyは、CES 2020において会場近くのホテルにプライベートスイートを設置。GIGABYTEブランドで展開を計画中の新しいディスプレー製品や、世界初(同社調べ)となる水冷機構を採用した外付けGPUボックスなどの新製品を、パートナーやメディア向けに公開した。

GIGABYTEブランドでもゲーミングディスプレーを展開

 GIGABYTEは、昨年AORUSブランドでゲーミングディスプレー市場に参入したが、今回CESで公開されたのは、ゲーマーだけでなく一般ユーザーもターゲットにしたGIGABYTEブランドのディスプレーシリーズだ。

 そのフラグシップモデルとなる「G32QC」は、Samsung製の曲率1500R 32型VAパネルを採用し、映像入力にType-Cを搭載するとともに、ディスプレー内にキーボード、ビデオ、マウスの切り替えを可能にするKVMスイッチ機能を統合。ノートPCやスマートフォンを接続したときにも、ディスプレーに接続したキーボードやマウスが利用できるようになる。

 同社のプライベートブースでは、この特徴を活かして、PUBG MOBILEを32型ディスプレーに表示させ、キーボードとマウス操作でプレイするデモも披露された。

 G32QCは、最大リフレッシュレート165Hz、最大レスポンスタイム1msで、WQHD(2560×1440ドット)表示をサポート。DCI-P3カバー率90%を実現するとともに、VESA DisplayHDR 400準拠のHDR表示にも対応し、AMD FreeSync Premium ProとG-SYNC認証も取得済みだという。

 また同社は、同じくリフレッシュレート165Hz、レスポンスタイム1ms、WQHD解像度で、1500Rの27型VAパネルを採用した「G27QC」と、フラットタイプの27型IPSパネルを採用し、リフレッシュレート144Hz、レスポンスタイム1msのフルHD(1980×1080ドット)モデル「G27F」をラインナップする。

フラグシップモデルとなる32型QHDモデルの「G32QC」には、KVMスイッチ機能も統合される

スマホの画面をG32QCに出力するだけでなく、同ディスプレーに接続されたキーボードとマウスでPUBG Mobileをプレイするデモも披露

1500Rの27型曲面パネルを採用したQHDモデルの「G27QC」

フラットタイプの27型フルHDディスプレー「G27F」

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン