このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない-第183回

米軍御用達iPhoneケースをワンタッチでベルトに装着しました

2019年06月12日 17時00分更新

文● にゃかむら(@TK6506)、編集●アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

IMPCTをガッチリとホールドするベルトマウント

 iPhone用ケースJuggernaut.Case IMPCTには、いろいろな場所に取り付けるためのマウントがオプションで用意されています。前回ご紹介したPALS Armor Mountは、ボディーアーマーやプレートキャリア(防弾ベスト)に簡単かつ確実に取り付けられ、ハンズフリーで地図や各種情報にアクセスすることができるようになるというマウントでした。

 装着方法も使い勝手もかなりの優れものなんですが、なんせボディーアーマーやプレキャリがなければ話が始まりません。ふだんからプレキャリを着るわけにもいかず、使い道がめちゃくちゃ限定されます。ていうかミリタリーイベントやサバゲ以外で使うシチュエーションが思いつきません。

 もちろん普段使いなんてできないわけですが、マウントの中にはもう少し身近なものも存在します。たとえばBelt Mount。最近はあんまり見ないですけど、携帯電話が普及し始めたころはベルトケースに入れて腰に付けている人が結構いましたよね。Belt Mountも似たような製品で、IMPCTを装着したiPhoneをベルトに固定することができます。

IMPCTをベルトに取り付けるためのBelt Mount

 マウント内側の左右に2つずつ計4個ある突起が、IMPACTの側面の凹みにはまり込んで固定されます。

IMPCTを左右からガッチリとホールドします

 IMPCTを取り付けるとカタカタするような遊びはまったくなく、かなりしっかりと固定されます。取り外すときは左のツマミを押し込むようにしてマウントを広げます。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ