このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第251回

最大314mmのビデオカードや240mmラジエーターが入るミニタワー

強化ガラス採用で7000円の魅せるPCケース「PS15」のちょうど良さ

2019年03月02日 10時00分更新

文● ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
SilverStoneのMicroATX対応PCケース「Precision PS15 SST-PS15B-G」。実売価格は7000円前後。

 CPU市場の盛り上がりやSSDの低価格化で、例年にないほど活気づいている自作PC業界。新プラットフォームが出るたびに頭を悩ませるのがPCケース選びだ。近年のマザーボードは彩鮮やかなLED搭載モデルがトレンドになっており、それに伴いメモリーやビデオカード、CPUクーラーなども煌びやかな製品が増えてきた。

 その影響か、PCケースはサイドパネルに透明な素材を採用し、いかに中身のPCパーツを「魅せる」かに主眼を置いたモデルが急増している。透明な素材と言っても、安価な製品は傷がつきやすいアクリルを用いた、見た目に安っぽいものが多い。一方で、傷がつきづらく高級感のある強化ガラスを採用したモデルは高価な製品となるケースが多い。

 そんなままならぬ事情を乗り越えたコストパフォーマンスが良いPCケースがある。それが今回紹介するSilverStoneの「Precision PS15 SST-PS15B-G」(以下、PS15)だ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中