このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

世界初公開のPCケースに話題騒然のSilverStone新製品発表会

2017年10月21日 23時30分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Silver Stoneの新製品を紹介するイベント「SilverStone Expo 2017 Autumn」が、通運会館2階のイベント会場で開催された。年に2回開かれる恒例のイベントだ。

パソコンショップ アークの建物の2階で開催された「SilverStone Expo 2017 Autumn」Silver Stoneのマーケティング・マネージャーTony Ou氏が来日し、新製品を紹介した
会場にはModderの関口徹氏が手がけたMOD PCも展示されていた。ASRockキャラクターが身に着けている鎧をモチーフに赤色の電源カバーを製作。鎧や武器から放たれる発光をアクリル板と冷却液で表現しているという

録画マシン用? 12個のストレージを搭載可能な
Micro ATXケース「CS381」

 今回のイベントの目玉は、世界初公開となるMicro ATXケース「CS381」だ。ホットスワップ対応の3.5インチドライブベイを8基備えるのが特徴で、PCケースというよりストレージケースに近い感じだ。

 ケースを開けると2.5インチシャドウベイが4基あるので、合計12個のストレージを搭載できる。サイズは398(W)×320(D)×232(H)mmで、容量は30リットル。参考出展のため、外観や仕様は今後変更になる可能性があるという。

世界初公開となるストレージケース「CS381」
3.5インチベイの上に、黒い2.5インチシャドウベイ×2を用意左側面には120mmファン×2もしくは2.5インチドライブ×2を増設可能。赤枠の部分がそれだ
背面に120mmファン×2を搭載できる。電源はSFX-L規格に対応する

その他注目のPCケース

Mini-ITX対応スリムPCケース「SST-RVZ03W」。「RVZ03」のホワイトモデルで、500台の数量限定となる。27日発売予定で予価は税抜1万7000円
RAVENシリーズらしい外観のMicro-STXケース「RVZ04」。COMPUTEX TAIPEI 2017で展示されていたものだ。フロントのLEDは専用ソフトで好みの色に設定できる
「RVZ04」のサイズは238(W)×199(D)×81(H)mmで、容量は3.8リットルMicro-STXマザーにはMXM仕様のビデオカードを搭載できる。マザーの出荷に合わせて製品を発売したいが、まだマザーの発売が決まっていないとのこと
Thin Mini-ITXケースの「PT13-U3」。従来モデルU2からの主な変更点は、奥行きを延長したこと。11月発売予定で予価は税抜8800円前後
11月発売予定のATXケース「RL07」(写真左、予価1万7000円)と、「PM02」(写真右、予価2万円)。2つのケースのシャーシは共通で、フロントマスクが異なる。右のサイドパネルには強化ガラスを採用する
「RL07」は左右非対称のフロントマスクで、サイドが発光する「PM02」のフロント底部には、ロゴを投影するギミックを内蔵

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中