このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第146回

完成まで3年の見通し:

アップルiPhone用通信モデムチップ自社開発か

2018年12月14日 09時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルはiPhoneに搭載する通信モデムチップの自社開発に取り組もうとしている。米メディアThe Informationが12月12日に報じた。

 The Informationによると、アップルのサンディエゴオフィスが通信モデムチップ設計者の求人情報を12月上旬から掲載。匿名の関係者からも開発計画が進められていることを確認できたという。

 このアップル社製通信モデムチップは、完成までに3年ほどかかる可能性があるとThe Informationのアナリストは分析している。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中